444回目レッスン(11月11日)

 うーん、4が3個並んで更に1が4個並んでしまった。まあ、どうって事もないが、とりあえずおめでたいレッスンということにしておこう。
 内容としては、小生以外のパートも決まって、席替えをしたうえでアンダンテ・カンタービレを弾いた。今回は自宅で「主よ人の望みの喜びよ」を練習していたため、ちょっと最初の方が合わなくて苦労した。普段はパソコン相手に合わせる練習をするのだがやっておかなかったのが悪かったようである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

39回目探鳥会(11月5日)

 11月5日に日本野鳥の会東京の主催する多摩川探鳥会に参加してきた。朝方は風が冷たかったが良く晴れて風も収まり快適な探鳥会となった。2週続けての台風の影響で川の流れの筋が大きく変わっているのには驚いた。
 鳥合わせで報告された野鳥は37種類であったが、小生が実際に確認したのは、ミサゴ、ノスリ、チョウゲンボウ、トビ、モズ、ホウジロ、カワラヒワ、ジョウビタキ、セッカ、シジュウカラ、スズメ、カワセミ、ヒバリ、ムクドリ、ヒヨドリ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、イカルチドリ、オオバン、カルガモ、カンムリカイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、ユリカモメ、ハシボソカラス、ハシブトカラスの27種類であった。
 ジョウビタキは今年初めての観察となったがオスで頭の銀色が美しかった。カンムリカイツブリも久しぶりに見た気がする。今回は渡り鳥の水鳥がまったく見られず残念であったが、鳥ではないがエアフォースワンが横田基地に茶陸していく様子を確認できて結構盛り上がった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

443回目レッスン(11月4日)

 先週は都合で休んでしまったため、結局三週ぶりのレッスンとなってしまった。まずは、「主よ人の望みの喜びを」をやりますとのこと。えーっ、小生は今回楽譜を用意していない。仕方なくコピーをさせてもらったが、そもそもこの曲は何かのタイミングでこれまでのレッスンで一度も弾いていないので、小生は初見弾きとなる。ファーストとセカンドがあり、通常なら小生の場合セカンドを選ぶのだが、流石にセカンドは選べなくてメロデイに馴染みのあるファーストにした。後半は「アンダンテ・カンタービレ」で第3バイオリンを練習しておいたのでこちらはまあまあ弾けていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

113回目ストリングスアンサンフル(10月29日)

 まずは、新しく「亡き王女のためのパヴァーヌ」の楽譜が配られた。ホルストでガンガン弾いてきたのでフランス物をすこし混ぜますとのこと。来年の発表会はこれとセントポール組曲第4楽章にしようとのことらしい。ということで、12月のミニ発表会に向けてしばらくはセントポール組曲の第2・3楽章を練習することとなった。今回、小生は第4楽章を練習していたので、えっ、やらないの?という感じではあったが、まー、しゃーないか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

第86回日本音楽コンクールバイオリン部門本選会

10月22日に、東京オペラシティホールで第86回日本音楽コンクールバイオリン部門本選会を聴いてきた。応募109人の中から3度の予選を通った4人が、事前に示されたバイオリン協奏曲の中から選曲して演奏し、第3予選の結果も加味して審査するもの。管弦楽は田中祐子さん指揮の神奈川フィルハーモニー管弦楽団であった。また、今年から創設された名器賞として、1位には財団法人ITOHからストラディバリウスが貸与される。
1位 大関万結さん(17)=桐朋女子高3年
   最後にシベリウスを弾いた。ミスもあったがなんとかまとめたかなという感じで、小生好みのシベリウスではない。
2位 外村理紗(16)=東京音大付高1年
   ただ一人チャイコフスキーを弾いてかなり聴衆受けをしていた。独特の解釈も入れていて、小生は今回の中では一番良かったと思い聴衆賞に投票したが、予選が悪かったのかも知れない。
3位 岸本萌乃加(23)=東京芸大大学院
   トップバッターでシベリウスを弾いた。ちょっと楽器の響きに難がある様に感じたが、音コン本選レベルまで来ると、特にバイオリン部門の場合は楽器の能力も結構結果に影響してしまうと思う。
入選 飯守朝子(21)=東京芸大4年
    2曲目のシベリウスとなるが、彼女の場合は中々良い楽器を使用しているのではないかと感じた。かなり不安定になってしまったところもあり、まあ仕方ない結果である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

442回目レッスン(10月14日)

 久しぶりのレッスンであるが、このところ仕事が忙しくてほとんど家で弾いていない状況となってしまっている。とあえず朝からチャイコフスキーのアンダンテ・カンタービレの第3バイオリンを少し弾いてレッスンとなった。レッスンではそのまま第3バイオリン担当ということで小生のパートは決めていただいた。譜読みは終えているものの、左指がまだ動いてくれないので次回までに何とかしよう・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

38回目探鳥会(10月8日)

 10月8日に日本野鳥の会東京の主催する多磨霊園探鳥会に参加してきた。小生の場合、多摩川ではストックを使用するのだが、今回からこちらでも最後に浅間山へ登る途中の坂道で使用することとした。
 今回の鳥合わせで報告された野鳥は18種類であったが、小生が実際に観察できたのは、ツミ、モズ、キビタキ、シジュウカラ、エナガ、メジロ、コゲラ、スズメ、ムクドリ、ヒヨドリ、オナガ、キジバト、ワカケホウセイインコ、ハシブトカラス、ハシボソカラスの15種類であった。
 今回、キビタキのオスの姿を初めて確認できた。日本の小鳥の中でもトップクラスに美しいこの鳥はこれまでメスしか目で確認できなかったのだか、今回見ることが出来て大変うれしくて祝杯を挙げてしまった。また、帰り際に参加者の方から、近くにシマアジというカモの仲間がいるらしいとの情報をもらったのだが、場所が良くわからなかったので止めておいた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

37回目探鳥会(10月1日)

 10月1日に日本野鳥の会東京の主催する多摩川探鳥会に参加してきた。小生としては秋のシーズン開幕というところである。快晴の京王線聖蹟桜ヶ丘駅付近の多摩川の河原のでのバードウォッチングで大分日焼けをしてしまったが、秋の風が吹いて暑いながらも大変気持ちが良かった。
 今回の鳥合せで報告された野鳥は32種類であったが、小生が実際に確認したのは、ミサゴ、オオタカ、チョウゲンボウ、トビ、モズ、コガモ、カルガモ、コシアカツバメ、イワツバメ、ツバメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワセミ、セッカ、カワラヒワ、スズメ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ムクドリ、イソシギ、ダイサギ、カワウ、ハシボソカラスの23種類であった。
 ミサゴは久しぶりに確認できて大きな翼を広げて舞う姿は大変美しい。また、オオタカの若鳥がドバトを追いかけているのも確認したが狩りに成功したかどうかまでは確認できなかった。今年の夏は暑かったので水鳥はまだかなと思っていたがコガモが1羽カルガモの中に混じっているのも確認できた。

今回参加した探鳥会の様子(外部リンク)
http://kyoei-tokyo.hatenablog.com/entry/2017/10/02/113534

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

112回目ストリングスアンサンブル(9月24日)

 セントホール組曲の第2及び第3楽章の譜読みが終えた。次回は第4楽章までやりますとのことである。小生の第2バイオリンは、第2楽章は驚くほど簡単なのだが第3楽章で1か所入るのが難しいところがある。先生に聞いたところ、あっさり、スコアを買ってくださいと言われてしまった。小生の場合、通常はパート譜だけもらって弾いているのだが、うーん、やっぱりそういうことかということで、早速ネットで注文した。先生は800円といっていたが700円プラス消費税で送料無料なので結構安い。届いたミニスコアを見ると同じホルストのブルッククリーン組曲のスコアも一緒になっていたので、次はこの曲ということになれば更に効率が良いが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

441回目レッスン(9月16日)

 今回も全く自宅練習をせずにレッスンへ行くこととなった。アンダンテカンタービレの譜読みの最後で第一バイオリンとなるが、やはり何といってもメロディーに親しみがあるので圧倒的に弾きやすかった。あとはパート分けして練習するのみである。
 今回は、小生のビブラートについて早すぎるとの指摘があった。小生がやっているのは腕ビブラートに近いので、ゆっくりかけているもの思っていたのだがそうではないらしい。手首でかける様に少し訓練しないといけないかもしれない。まあ、別にやればできるのだが少し慣れないと・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧