63回目探鳥会(12月9日)

 12月9日に日本野鳥の会東京の主催する多磨霊園探鳥会に参加してきた。朝方はそれほどでもなかったのだが途中から冷たい北風が吹いてきて大変寒い鳥見となった。今回は小生が第一発見者となるアオゲラを見ることができて、参加者の皆さんから感謝されたのでちょっと鼻が高い。
 鳥合わせで報告された野鳥は22種類であったが、小生が実際に確認したのは、アオゲラ、コゲラ、ツグミ、ヒヨドリ、シメ、アトリ、カワラヒワ、スズメ、ヤマガラ、シジュウカラ、メジロ、エナガ、キクイタダキ、キジバト、ホウセイインコ、ハシブトカラス、ハシボソカラスの17種類であった。
 今回は、なんといってもキクイタダキを初見出来たのが大変うれしい。赤松の高枝を素早くチョロチョロとしているのを双眼鏡で確認するのは結構大変で首が疲れたが、頭の頂点にある黄色の羽はさすがに見れなかった。アトリも大分渡ってきているようで十数羽の群を確認できた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

484回目レッスン(12月8日)

 次の異動先グループが決まった。来年からは夕方5時からのレッスンとなる。現在3名で小生が加わることで4名になるようである。来週のミニ発表会もこのグループと合同でアヴェマリアを弾くので小生としては丁度良い。ほかの女性二人も異動先が決まり次回は発表会前の合同練習となるので、現在の時間でのレッスンは今回で最後となった。いつも利用している有料駐車場も丁度空いている時間帯らしいのでこちらもひと安心である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

62回目探鳥会(12月2日)

 12月2日に日本野鳥の会東京の主催する多摩川探鳥会に参加してきた。聖蹟桜ヶ丘近辺の多摩川は河川改良工事で中洲が削られて、渡って来た水鳥がいつも溜まっている水域が観察できなくなったりしているので、観察種類に若干の変化が出てきている。また、中洲にいた鳥の餌にも変化があると思われるので、今後どのように変化するかは興味があるところである。
 鳥合わせで報告されたのは36種類であったが、小生が実際に観察したのは、ミサゴ、オオタカ、トビ、ハヤブサ、チョウゲンボウ、モズ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワセミ、ジョウビタキ、カワラヒワ、ホウジロ、スズメ、シメ、ムクドリ、ツグミ、ヒヨドリ、イカルチドリ、クイナ、オオバン、カイツブリ、カンムリカイツブリ、オナガガモ、カルガモ、キジ、ユリカモメ、アオサギ、ダイサギ、カワウ、ハシブトカラス、ハシボソカラスの31種類であった。
 オオタカは中洲の柳や関戸橋の橋脚に止まっているのを間近に観察できてなかなか良い。ツグミは今シーズンの初見となり、この時期なかなか見ることのできないキジも美しい雄が中洲を歩いている姿を確認できた。

今回参加した探鳥会の様子
http://kyoei-tokyo.hatenablog.com/entry/2018/12/06/201142

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

483回目レッスン(12月1日)

 新しいレパートリー集Ⅲを使用したレッスンであるが、美女と野獣など全部で6曲を合奏で弾くため、いくつかの技術的な部分を分解しながらこなして最後に弾けるようにする訓練となっている。旧バージョンにはなかったので新たな気持ちで取り組めるのでまあ面白い。小生たちはファーストとセカンドの外に用意されているオプションパートを弾くことになるのだが、来年1月から異動する新グループでも丁度同じⅢ巻を使用しているということであろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

フランシスコ・フラナさんのコンサート

 11月30日に紀尾井ホールでフランシスコ・フラナさんのヴァイオリンリサイタルを聴いてきた。演奏曲目は、J.Sバッハ作曲シャコンヌ(無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番ニ短調より)、モーツァルト作曲ヴァイオリン・ソナタ第40番変ロ長調、グラナドス作曲ヴァイオリン・ソナタ、フランク作曲ヴァイオリン・ソナタイ長調、ラヴェル作曲ツィガーヌであった。使用楽器はクライスラーが所持していた1735年製グァルネリ・デル・ジェス「メアリー・ポートマン」。ピアノ伴奏は小澤佳永さんである。
 親しみやすいヴァイオリンの名曲ばかりを集め、グラナドスは故郷のスペイン・マヨルカ島の風景を想像させるとのことで、十分に楽しませていただいた。弓を持つ位置は少し上の方であったが、使用楽器の関係であろうか。アンコールには、クライスラーの愛の悲しみもいれるというサービス精神もかなりあってなかなか良い。2曲目はタイスの瞑想曲であったが、クライスラーでもよかったのだが・・・。ピアノ伴奏の小澤さんも秀逸であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

126回目ストリングスアンサンブル(11月25日)

 ストリングスアンサンブルも2クラスあって、今回は少し我々の開始時刻を早めて合同練習をやった。「もろびとこぞりて」を弾くわけだが「Joy To The World」ということで、皆さんJoyしましょうとのこと。セカンドは結構難しいのだか、小生はファーストということで楽勝である。
 エルガーの第2楽章であるが、とにかく拍を数えていなければならない曲で、頭を使うので結構疲れる。小生は最初うまく数えられずに途中の入り何回も失敗して皆さんに迷惑をかけてしまった。なはは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

482回目レッスン(11月24日)

 さて、やはり我々のグループは解散して別グループに吸収されることとなった。来年1月のレッスンからとなるが、夕方のいくつかのグルーブに空きがあるようで、選択してくださいとのこと。うーん、今は昼時のレッスンということもあり自家用車で通っているのだが、夕方の電車となるとレッスン帰りに何処かに引っかかってしまうことも考えられるなー、うーん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

61回目探鳥会(11月23日)

 11月23日に、日本野鳥の会東京の主催する光が丘公園探鳥会に参加してきた。こちらは旧日本陸軍の飛行場跡地ということで広い林が広がっている。園内にはバードサンクチュアリが設置されていて学芸員もいるようである。今回はその方もリーダーとして案内してくれた。
 鳥合わせで報告された野鳥は22種類であったが、小生が実際に観察したのはノスリ、アトリ、シジュウカラ、メジロ、スズメ、エナガ、キセキレイ、コゲラ、シメ、ムクドリ、ヒヨドリ、シロハラ、キジバト、オナガガモ、カルガモ、ハシブトカラスの17種類であった。
 キクイタダキの報告があり、小生も懸命に同じ場所で探したのだが発見できなくて残念である。アトリは一昨年に大量に飛来し昨年は全く見れずじまいであったが、今年は例年並みには飛来しているとのことであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

60回目探鳥会(11月18日)

 11月18日に、日本野鳥の会東京の主催する明治神宮探鳥会に参加してきた。後で知ったのだが、どうやらこの日の朝は明治神宮内で火事があったらしい。我々が鳥見を始める8時半には何もなかったように平静であったが・・・。
 鳥合わせて報告された野鳥は19種類であったが、小生が確認できたのは、オオタカ、マガモ、カワセミ、ハクセキレイ、シジュウカラ、ヤマガラ、スズメ、エナガ、コゲラ、ヒヨドリ、キジバト、ハシブトカラス、ハシボソカラスの13種類であった。
 クロジの報告があったが、小生はアオジとともに見落した。アオジについては鳴き声を知らないのでカウントしなかったが、それらしい声は聴いている。ネットで確認して次回はカウントしたい。ヤマガラとコゲラも姿の確認はできなかったが、聞き覚えた鳴き声はしっかりと確認している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

481回目レッスン(11月17日)

 先生から教本を替えましょうとの話が合った。現在は古いバージョンのレパートリー集EX版を使っているのだが、色々と不都合もあるようである。小生の場合はバージョン1で全3巻まで終わっているのだが、その後バージョン2の教本Ⅲを途中から使い始めて、今回はバージョン3のレパートリー集Ⅲに替えることとなった。うーん、レパートリー集EXの方も残りが少なくってきて、後はかなり難しい曲ばかりになっていたのであるが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧