429回目レッスン(5月20日)

 発表会のパート分けが決まった。小生はどちらでもよかったので最後に残ったファーストバイオリンとなった。いつもセカンドだったのでファーストを担当するのはかなり久しぶりな気がするがまあ良い。また、全曲を弾かずに途中をカットすることについても先生から提案があった。小生も検討していたので逆提案してみた。先生の案を自宅のパソコンで再生してみたが、なんとなくしっくりこない感じがするので、少しアレンジするのかもしれない。小生の案はそもそも曲が一端切れるところで終わって以降を全部カットする案なので問題ないのだが。
 早速セカンドと合わせたが、なにしろバッハの協奏曲なので相当練習しないとファーストと合ってこないなと感じた。あと2か月ちょっとでどこまで行けるかだが、ある程度のレベルまで辿り着かないとそもそも崩壊の恐れもある曲である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

428回目レッスン(5月13日)

 ほぼ1か月ぶりのレッスンである。連休中もすこしは練習していたのだかやはり最初のうちは調子が出ない。まずは、バッハのファーストバイオリンを譜読みの終えたところまで弾いた。もう少し上手く弾けるはずであったがまあしゃーない。ところでこの曲は難しいわりには結構長くて、楽譜の指定テンポでも8分以上かかる。到底そのテンポでは無理なので減速するわけであるがいずれにせよ途中で切る必要がある。小生は例によって楽譜をパソコンに打ち込んだので、連休中に研究して三分の2程度のところを提案してみた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

427回目レッスン(4月15日)

 4月のレッスンは今日が最後で次は連休明けでほぼ1か月後となる。うーん、というわけで残していた大島ミチル作曲の風笛を2パートに分かれて弾いた。先生も言っていたが、バイオリン2台で弾くのになかなか良い編曲になっていて、楽しんで弾く予定であったが、まあ、われわれのレベルでは、宮本文昭・笑里さんのようなわけには到底いかない。久しぶりに弾いて先生の指導を忘れてしまっていた部分もあったが、直されているうちに思い出して最後にはほんの少しは本家の雰囲気も感じられたようでOKとなった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

426回目レッスン(4月8日)

 スケールの後すぐにバッハの譜読みに入った。ほぼ半分ほど終えたところで時間が来てしまったが、うーん、連休前に終えることが出来るだろうか。来週は、やり残していた「風笛」を弾きますとのことであったが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

425回目レッスン(4月1日)

 遅刻して教室に入ると譜面台の上に楽譜が置いてあった。発表会の曲であるバイオリンとオーボエのための協奏曲であるが、バージョンを変更してオーボエパートの無い編曲にに変更したようである。なるほど、これならファーストとセカンドの2パートに分かれるだけで先生にオーボエパートを担当していただく必要はない。ということで、5月の連休前にはファーストバイオリンの譜読みを終えてしまう勢いで3分の1ぐらいまで進んだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

424回目レッスン(3月25日)

 発表会の曲か決まった。メンバーの方が弾きたいということで楽譜を持ち込んだもので、バッハ作曲のバイオリンとオーボエのための協奏曲の第一楽章である。オーボエパートをどうするかという問題があるが、とりあえずファーストとセカンドを固めた後、我々に余裕がなければ先生が担当してくれるとのことである。先生も気に入ったらしく、早速譜読みに入ってしまったため、今回弾く予定であった風笛は次回となった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

423回目レッスン(3月11日)

 7ポジまでのスケールでボウイングのバリエーションを練習した。細かいところは指弓を使用するようにということでなかなか良い練習になる。アップの時の弓の引き上げは意識しないと足りなくなるのでその辺を注意するようにとのこと。また、人差し指の押さえと小指の突きで細かい音を出す訓練もあり今回はかなり中身が濃かった。
 曲練習では風笛のセカンドパートの譜読みを終えた。次回に合わせて弾きますとのことで、多分、その後は発表会の曲練習に入るのではなかろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

422回目レッスン(3月4日)

 少し遅れて教室に入ると皆で楽譜を広げてワイワイやっていた。今年の発表会の曲を決めようということである。小生は既に曲にはこだわらないので何でもよいのだが、候補としてはバッハのバイオリンとオーボエのための協奏曲とビバルディのバイオリン協奏曲が上がっていた。いずれにせよ4月から始めて4か月で仕上げることになる。曲練習の「風笛」では譜読みを終えたあと通して弾いてみた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

421回目レッスン(2月25日)

 スケールの後に指弓の点検があった。小生は基本的には使える状態にあると思っているのだが、例えていえば英会話のフレーズのようなもので、必要な場面で咄嗟に使えないというのが本当のところである。弓を返す時にも使うわけなので、要するに常時やっていればよいということか・・・。
 バッハはとりあえず一通り弾いて、しばらく寝かせますとのこと。その後、大島ミチル作曲の風笛の譜読みを半分ほどやって終えた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

420回目レッスン(2月18日)

 スケールの後は重音の訓練曲である。二重音を連続して弾いていくわけであるが、次の重音と関係づけて基準とすべき指を先に移動してから残りの指を基準にそろえるという訓練となる。うーん、意味はよくわかるがめったに出てこない曲の途中の重音ではやはり一発勝負になるということであろうか。
 曲練習は、バッハの無伴奏パルティータ第3番ガボットであるが一応最後まで譜読みは終えて、一週間寝かしますとのことである。うーん、しかし、最後の部分の重音は特にハードルが高くて指も攣りそうになるのだが・・・。そのあとは大島ミチル作曲の「風笛」を弾くらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|