« 124回目ストリングスアンサンブル(9月16日) | トップページ | 476回目レッスン(9月29日) »

14年目の発表会

 9月17日に銀座ヤマハホールでヤマハ大人の音楽レッスン合同発表会2018に参加してきた。発表曲は、グループメンバーがヴィヴァルディ作曲のコンチェルトト短調Op.12-1第3楽章、ストリングスアンサンブルがヘンデル作曲の歌劇「リナルド」より私を泣かせてください、エルガー作曲の弦楽セレナーデOp.20第1楽章の3曲である。
 まずはグループメンバーであるが、演奏前に弓をステージ上で落としてしまった。これで少し動揺したのが良くなかった。出だしでテンポが上がらないように心がけて弾いたので中盤までは良かったが、難所で緊張が切れていくつかミスをした。それでも戻って最後の難所でもまたミスということで、結局難所でのミスは予定通りという結果であった。ははは、まあ、こんなところだろう。
 次にストリングスアンサンブル。ヘンデルはなかなかの出来で弾いていても気持ちが良かった。エルガーは途中の休符のあとの入りで少しミスをしたが多分誰も気づかないレベルなので問題ない。全体の出来としても練習時の80パーセント以上で、こちらも、まあこんなところであろう。
 後で、アンサンブルの録画のファイルを見ていて気付いたことは、小生の場合、弓のアップがかなり足りなくて手を元まで引き寄せられていないことが明確になった。これは見た目も貧相なのでしっかり意識して直していこうと反省した。
 発表会後は、近くの銀座ライオンで打ち上げパーティーがあり、小生も参加してきた。

|
|

« 124回目ストリングスアンサンブル(9月16日) | トップページ | 476回目レッスン(9月29日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78274/67195103

この記事へのトラックバック一覧です: 14年目の発表会:

« 124回目ストリングスアンサンブル(9月16日) | トップページ | 476回目レッスン(9月29日) »