« 110回目ストリングスアンサンブル(7月23日) | トップページ | 436回目レッスン(8月5日) »

13年目の発表会

7月30日に銀座ヤマハホールで開催されたヤマハ大人の音楽レッスン合同発表会2017に参加してきた。発表曲はグループの方がバッハ作曲Concerto for 2violins C minor BWV1060 第1楽章、ストリングスアンサンブルの方はハイドン作曲のAdagio cantabile 「The Lark」よりとホルスト作曲「St.Paul’s Suite」よりの計3曲である。
まずはグループ演奏のバッハである。今回は先生がセカンドバイオリンに入ってくれているのでかなり安心であるが、ファーストバイオリンの小生も少し落としたテンポに慣れて順調に弾き始めた。最初の難所もこなしてこれはいいぞと思った瞬間これまでにほとんど間違えなかったところでミスをしてしまった。後半は最大の難所があるがここも問題なく弾き終えて気のゆるみがまたまたミスにつながって、うーん、全体としてはちょっとなあという感じになった。
次にストリングスアンサンブル演奏であるが、小生は連続出演となるので舞台を降りずにそのまま袖へもどった。椅子と譜面台が並べられて再登場して1曲目はハイドンである。この曲には助けられた。小生のパートはセカンドであるがパートとしてはかなり簡単なので弾きながら一息付くことが出来た。こちらは当然ながらノーミス。
最後はホルストとなる。冒頭で恐れていたようにテンポが速くなりすぎた。指揮をする先生が必死にスローダウンの振りをしているのを感じでこれはうまくいった。例の緊張する小生のセカンドソロのパートは、上手い方と弾くので安心していたところ、練習でもとくに問題なく弾けていたのに本番では小生のミスが少し目立ってしまった。最期、高速部分に突入して、実はこの辺は曲的にかなり難しくなってきていて、小生はこれまでも一度もミスせずには弾けていなかったのだが、まあ、その割にはミスはまだあったものの減って、これまでで一番の出来となった。
今回は打ち上げ会にも参加し二次会まで付き合ってしまったが、小生も定年が見えたのでこういう仕事以外の関係を大切にしていくことが必要であろうと思う。

|
|

« 110回目ストリングスアンサンブル(7月23日) | トップページ | 436回目レッスン(8月5日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78274/65623897

この記事へのトラックバック一覧です: 13年目の発表会:

« 110回目ストリングスアンサンブル(7月23日) | トップページ | 436回目レッスン(8月5日) »