« 421回目レッスン(2月25日) | トップページ | 422回目レッスン(3月4日) »

105回目ストリングスアンサンブル(2月26日)

 まずはモーツァルトのディヴェルティメントⅢ第3楽章であるが指弓を使うところもあるので練習はしてきたのだか、なかなか終われない感じである。ここまで練習したらミニ発会で演奏するというのもアリではなかろうか。
 2曲目はハイドンの弦楽四重奏曲「ひばり」の第2楽章である。こちらはほとんど練習してきていないので初見弾きで対応した。ファーストは難しいが小生のセカンドバイオリンはそれほどでもないと思っていたところ、うーん、ディミネントがあちらこちらにあり、弓の使い方が結構難しくて楽しめそうである。
 3曲目のホルストのセントポール組曲は第4楽章の楽譜も配られて、夏の発表会では第1と4楽章を弾きますのこと。うーん、小生的にはハイドンとの組み合わせも結構会うプログラムのように感じたのだが・・・。練習の後は久しぶりにメンバーとの飲み会に参加させていただいた。

|
|

« 421回目レッスン(2月25日) | トップページ | 422回目レッスン(3月4日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78274/64974800

この記事へのトラックバック一覧です: 105回目ストリングスアンサンブル(2月26日):

« 421回目レッスン(2月25日) | トップページ | 422回目レッスン(3月4日) »