« 19回目探鳥会(12月11日) | トップページ | 103回目ストリングスアンサンブル(12月18日) »

415回目レッスン(12月17日)&ミニ発表会

 今回は昼のレッスンの後に夕方から教室のロビーを利用したミニ発表会がある。ということで、発表曲の最後の点検となった。もう既に大分弾いてきたので今更どうということもない様であるが、一緒に弾く他のグループとの合同リハーサルを最後にやって仕上げた。まあ、直前に音合わせして本番というのもなかなかカッコいいか・・・。小生は、ストリングスアンサンブルの方が気になっていたので、終了後は、自由に使える教室でバルトークをかなり練習した。
 さてミニ発表会であるが、まずは本日のバイオリンの参加者全員がステージに上がってベートーベン作曲の「喜びの歌」、始めてから半年以内の超初心者数人が降りて、次にバッハ作曲の「アヴェ・マリア」、更に中級者が降りて、最後がカルロス・ガルデル作曲の「ポル・ウナ・カベサ」の3曲を弾いた。小生はステージ上でスポットライトのある場所をなんとか確保して楽譜もはっきり見えたので特に問題なく弾くことが出来た。全体としてもまあまあの出来ではなかったかと思う。
 一度全員が降りた後、今度はストリングスアンサンブルの発表である。曲はバルトーク作曲のルーマニア民族舞曲集の第5番と第6番である。全くのリハーサル無でぶっつけ本番というやつであるが、うーん、小生は5番で途中少し見失ってしまった。6番は続けて弾くのでこちらは追いついてなんとかなった。2曲で1分程度なのであっという間に終わってしまったが、小生はかなり後悔の残る出来となった。オーラスで、最近開講したばかりの2グループ目のストリングスアンサンブルの方数人が加わって、最後は「きよしこの夜」を2コーラス弾いて終えた。こちらは結構気持ち良く弾けて聴いている方達も安心したのではないかと思う。なはは。

|
|

« 19回目探鳥会(12月11日) | トップページ | 103回目ストリングスアンサンブル(12月18日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78274/64719295

この記事へのトラックバック一覧です: 415回目レッスン(12月17日)&ミニ発表会:

« 19回目探鳥会(12月11日) | トップページ | 103回目ストリングスアンサンブル(12月18日) »