« 407回目レッスン(10月1日) | トップページ | 408回目レッスン(10月8日) »

14回目探鳥会(10月2日)

 10月2日に聖蹟桜ヶ丘付近の多摩川で開催された日本野鳥の会東京の主催する多摩川探鳥会に参加してきた。夏の暑い時季を避けて久しぶりのバードウォッチングとなった。夏休みには実家付近につがいで居ついているイソヒヨドリの美しいさえずりで早朝に起こされ、箱根の湿生花園ではサンショウクイの姿やミソサザイのさえずりを聴いて過ごしたがやっとシーズンインというところである。
 鳥あわせでは36種類の野鳥が報告されたが、小生が実際に観察できたのは、オオタカ、ノスリ、チョウゲンボウ、トビ、モズ、コシアカツバメ、イワツバメ、ツバメ、カワセミ、キセキレイ、ハクセキレイ、イソシギ、イカルチドリ、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ、コガモ、カイツブリ、カワウ、ハシボソカラス、セッカ、スズメ、ヒヨドリ、ムクドリの25種類であった。
 オオタカは、ちょうど狩が終って捕まえた鳥の羽をむしっている様子を観察することが出来たが、このような野生そのものの姿をじかに見ることができるのは素晴らしい。チュウサギは初めて見たが、ダイサギに混じっていて嘴が比較的短く口角の切れ込みの具合からリーダーの方がチュウサギと判定した。普段は田畑にいて蛙などを食べるとのこと。コガモはことし初めてのシベリアからの飛来ではないかとのことであった。

参加した探鳥会の様子(外部リンク:小生とは無関係です)
http://kyoei-tokyo.hatenablog.com/entry/2016/10/02/182513

|
|

« 407回目レッスン(10月1日) | トップページ | 408回目レッスン(10月8日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78274/64318375

この記事へのトラックバック一覧です: 14回目探鳥会(10月2日):

« 407回目レッスン(10月1日) | トップページ | 408回目レッスン(10月8日) »