« 第26回新日鉄住金音楽賞受賞記念コンサート | トップページ | 400回目レッスン(7月30日) »

98回目ストリングスアンサンブル(7月24日)

 発表会前の最後の練習である。誰かが30分早めの集合をかけたので定刻には全員揃った感じで、先生が驚いていたのは笑える。まずはモーツァルトであるが、テンポが上がってきたことで難しかったところが何とかなってきた。指が動きやすくなる感じがして、まあ、不思議だが所詮はまだまだ小生もそういうレベルということである。正確には誤魔化して弾いているということなのだと思うが・・・。結局さらにテンポアップして100拍から105拍となった。
バルトークは小生のセカンドは難しくない上に重音で弾くべきところを自主的にディビジで確実に弾いているので楽勝である。まあ、本番では失敗しない範囲で重音も弾いていくつもりではあるが・・・。最後に発表会の曲順で弾いて終えた。またこの後、グループレッスンの発表会前のピアノ伴奏との音合わせをやったが、今回は我々の先生が伴奏も担当するので形式的なものになった。

|
|

« 第26回新日鉄住金音楽賞受賞記念コンサート | トップページ | 400回目レッスン(7月30日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78274/63986578

この記事へのトラックバック一覧です: 98回目ストリングスアンサンブル(7月24日):

« 第26回新日鉄住金音楽賞受賞記念コンサート | トップページ | 400回目レッスン(7月30日) »