« 読売日本交響楽団のコンサート | トップページ | 12回目探鳥会(6月5日) »

395回目レッスン(6月4日)

 シューベルトの方はセカンドバイオリンで了解してもらった。テレマンが第2バイオリンなので本来はファーストなのだが、曲後に隣の第3バイオリンの方と入れ替わるのもなんだか余裕があるようでカッコいいということにした。7人の合奏なので最初はセンターポジションとなるが2曲目はセンターを譲るという配慮である。なはは。
 実際のところシューベルトのファーストバイオリンはかなり聴かせるための技術が必要で難しいと思う。セカンドバイオリンは音程が取りにくいところが少しあるが努力だけで何とかなる範疇である。テレマンはとりあえず合奏してみた。小生は自宅練習を計画的にしていることもあり、まだ時間もあるので十分何とかなるという感じであった。

|
|

« 読売日本交響楽団のコンサート | トップページ | 12回目探鳥会(6月5日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78274/63736604

この記事へのトラックバック一覧です: 395回目レッスン(6月4日):

« 読売日本交響楽団のコンサート | トップページ | 12回目探鳥会(6月5日) »