« 370回目レッスン(9月5日) | トップページ | 371回目レッスン(9月12日) »

3回目探鳥会(9月6日)

 久しぶりに、9月6日に、日本野鳥の会東京の主催する多摩川探鳥会に参加してきた。さすがに猛暑の夏(7月は雨で中止)は体に悪いのでパスしていたが、今回は9月初旬とはいえ曇天でなかなか快適であった。6月は鳥達の鳴き声が競うようだったのだが、例えばオオヨシキリの声は全く聞けないなど大分変化していた。鳥たちの子育てが終わり縄張り宣言の必要がなくなったことが要因ですとの解説がリーダーからあった。今回はアレチウリによるツバメの巣への被害など幾つかの河原の植生の話をリーダーから聞いて勉強になった。また、カワウが大量に電線にとまっていて、リーダーが急いでカウントすると106羽であったが、うーん、その素早いカウントに驚いた。
 鳥合せで確認されたのは29種類であったが、小生が実際に姿を確認したのは、ミサゴ、イソシギ、イカルチドリ、ヒヨドリ、カワセミ、ホウジロ、セッカ、モズ、カワラヒワ、セグロセキレイ、トビ、ダイサギ、コサギ、アオサギ、カルガモ、カワウ、スズメ、ツバメ、ハシボソカラス、ハシブトカラスの21種類であった。
 ミサゴは我々の頭上でターンして水面に舞降りるシーンを目の当たりにして感動してしまった。また、カワラヒワの子供が群れになって中洲の柳の枝にとまっているのを見ることができた。

|
|

« 370回目レッスン(9月5日) | トップページ | 371回目レッスン(9月12日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78274/62250645

この記事へのトラックバック一覧です: 3回目探鳥会(9月6日):

« 370回目レッスン(9月5日) | トップページ | 371回目レッスン(9月12日) »