« 366回目レッスン(7月18日) | トップページ | 第25回新日鉄住金音楽賞受賞記念コンサート »

87回目ストリングスアンサンブル&音合わせ(7月19日)

 今回が発表会前の仕上げということになる。これまでに2回ほど自主練習をしてその際にも先生に指導していただいており、意外とやる気は満々というかメンバー間で危機意識が共有されているということであろうか…。
チャイコフスキーのメロディーは前回少しテンポを落としたのでいいかなと思っていたのだがまたテンポを戻したので、うーん、小生的には来週の本番前までに特訓を覚悟することになってしまった。本番当日にも会場のあるヤマハ銀座の練習室を借りて自主練習があるとのことなのでそれまで頑張ろうと思う。ドボルザークのスラブ舞曲はまあこんなものかという感じである。小生的にはこれまでの先生の指示は全部守っているつもりなので、先生も今回はあまり細かいことは指示をしていないように思う。
 アンサンブルの練習の後は、グループレッスンの方の発表曲について、当日のピアノ伴奏の方との音合わせが行われて、こちらは急にプレイエルを増速することとなってしまった。昨日のレッスン後の自主練習で自然にテンポが速くなってしまったのでテンポアップを他のメンバーが先生に提案したらしい。まあ弾けなくはないのだが基本的にレッスン時間外で重要なことを決めるのは、以前の発表会での連絡ミスによる大失敗があるので、小生的にはやめてほしいと考えているのだが…。

|
|

« 366回目レッスン(7月18日) | トップページ | 第25回新日鉄住金音楽賞受賞記念コンサート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78274/61998822

この記事へのトラックバック一覧です: 87回目ストリングスアンサンブル&音合わせ(7月19日):

« 366回目レッスン(7月18日) | トップページ | 第25回新日鉄住金音楽賞受賞記念コンサート »