« 初めての探鳥会(5月10日) | トップページ | 360回目レッスン(5月30日) »

359回目レッスン(5月16日)

 セブシックでは12音スラーのとき4の音で123の指がきちんと押さえられずに浮いてしまうという問題が出てきた。意識すると指が固まって12音スラーが弾けなくなるのだが、先生からは親指の位置を下げて34の指を長く使える様にしてみて下さいとの指導があった。
 発表会のビバルディは今回も譜読みを終えられずにパート分けも延期となった。ポジションチェンジと弓順にこだわっている訳であるが、ちょっと気付いたことがあった。小生の中では、ポジションチェンジも弓順も作曲家や先生の指示のとおりにやるしかないと考えていたのだが、どうやら先生はどうチェンジするのが自分にとって弾きやすいのか、弓順はどうした方がよいのか自分でも考えてください、ということなのかも知れない。とすると、うーん、これは小生も大分高度なレベルに到達してきたのかも知れないぞ…。

|
|

« 初めての探鳥会(5月10日) | トップページ | 360回目レッスン(5月30日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78274/61609961

この記事へのトラックバック一覧です: 359回目レッスン(5月16日):

« 初めての探鳥会(5月10日) | トップページ | 360回目レッスン(5月30日) »