« 平成26年度桐朋学園音楽部門高校卒業演奏会 | トップページ | 84回目ストリングスアンサンブル(4月26日) »

357回目レッスン(4月25日)

 セブシックは今回から3パターンを繋げてスラーで弾くものに移行した。細かいやり方は流派によって秘伝らしいのでここでは書かないこととする。バイオリンの流派がどういうものなのかは知らないが、例えば、先生の指示の楽譜への書き込みなども流派が違う人にはコピーしてはいけないとのこと。コンサートの企画などにもこの流派は影響するそうでなんだか難しい。実は、小生はちょっとした閉鎖的な演奏会の企画を考えているのだが、うーんどうなのだろうか。
 発表会は結局我々5人のグループだけでプレイエルとビバルディを弾くことになった。まあそれはいいのだが、ビバルディのファーストについては頭が痛い。連休中に練習できるようにということで、今回、楽譜が配られたのだが、先生は、実力は上がっているので再挑戦しましょうと言っていた。小生的にはアンサンブルの方もあるのでセカンドに逃げたいところではある。

|
|

« 平成26年度桐朋学園音楽部門高校卒業演奏会 | トップページ | 84回目ストリングスアンサンブル(4月26日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78274/61512900

この記事へのトラックバック一覧です: 357回目レッスン(4月25日):

« 平成26年度桐朋学園音楽部門高校卒業演奏会 | トップページ | 84回目ストリングスアンサンブル(4月26日) »