« 354回目レッスン(3月14日) | トップページ | 355回目レッスン(4月11日) »

牧野葵美さんのコンサート

 3月23日に紀尾井ホールで牧野葵美さんのヴィオラリサイタルを聴いてきた。演奏曲目はブリッジ:ペンシェロ、ブリッジ:アレグロ・アパッショナート、細川俊夫: ヴィオラのための《哀歌-東日本大震災の犠牲者に捧げる-》、ブリテン(今井信子編): 無伴奏チェロ組曲 第2番、シューベルト:アルペジオーネソナタ イ短調、ジンバリスト:サラサーテアーナであった。
 プログラムの解説を見ると牧野さんは「聴く人がヴィオラの新しい魅力を発見できるような」選曲をされたとのこと。演奏が始まる前からかなり期待が高まったが見事にそれに答えていただけたものであった。特に細川と続くブリテン(今井信子編)は圧巻であったと思う。また、後半のシューベルト、ジンバリストはヴィオリストにとって大切な曲とのことだがブラヴァもでて盛り上がった。ピアノ伴奏の有吉亮治さんも秀逸であった。

|
|

« 354回目レッスン(3月14日) | トップページ | 355回目レッスン(4月11日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78274/61356813

この記事へのトラックバック一覧です: 牧野葵美さんのコンサート:

« 354回目レッスン(3月14日) | トップページ | 355回目レッスン(4月11日) »