« 81回目ストリングスアンサンブル(11月30日) | トップページ | 344回目レッスン(12月6日) »

山宮るり子さんのコンサート

 12月1日に紀尾井ホールで山宮るり子さんのハープリサイタルを聴いてきた。演奏曲目は、トゥルニエ作曲:妖精~前奏曲と舞曲、モーツァルト作曲(山宮編):幻想曲二短調、グラナドス作曲(サバレタ編):スペイン舞曲「オリエンタル」、アルベニス作曲(山宮編):スペイン組曲第1集「アストゥリアス(伝説)」、スメタナ作曲(トルネチェク編):モルダウ、シュポーア作曲:幻想曲八短調、リスト作曲(ルニエ編):夜鳴き鶯/愛の夢、黛敏郎作曲:六段、グランジャニー作曲:ラプソディーであった。
 ハープという楽器はハープ本来の奏法に加えてギターと筝に似せた音も出すことが出来る。また今回は打楽器としても使用していたが、楽器の装飾部分を廃してモダン化し運用性も良くする工夫をしていくとかなり様々な曲に利用出来て、現代曲やモダンジャズで活躍しそうだなと思って聴いていた。特にご自身のアレンジによるモーツァルト、スメタナ、黛、グランジャニーは圧巻で歯ごたえのあるコンサートに熱くなった。

|
|

« 81回目ストリングスアンサンブル(11月30日) | トップページ | 344回目レッスン(12月6日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78274/60779901

この記事へのトラックバック一覧です: 山宮るり子さんのコンサート:

« 81回目ストリングスアンサンブル(11月30日) | トップページ | 344回目レッスン(12月6日) »