« 78回目ストリングスアンサンブル(8月31日) | トップページ | 337回目レッスン(9月13日) »

10年目の発表会

 9月6日に銀座のヤマハホールで開催された「2014年大人の音楽レッスン合同発表会」に参加してきた。
 まずは会場へ行く前に近くのカラオケ店に寄る。アンサンブルのメンバーが集まって練習をしようとのことなので小生も参加したのである。若干寒い感じがしたが、まあもはやしょうがない、今日は小生の第2バイオリンにもエキストラの先生が入るのでなんとかなるであろう。
 さて、最初はグループ演奏でルクレール作曲の「SONATA for two violins」であるが、最初の第1楽章はかなり綺麗なハーモニーが聴こえてきて、その中で自分の楽器の音が消えていく感じがして少し慌ててしまった。後で先生に聞くと少し不安定だったとのことなので、小生はかなり良いと思っていたのだが…、影響してしまったらしい。第2楽章の方は安定していて良かったとのことなので、うーん、そもそもバイオリンでハモるという経験があまりない小生には新たな課題となったかもしれないぞ。
 問題のストリングスアンサンブルの方はというと、こちらはハモるなどというレベルでは全くないのでむしろ安心である。なはは。演奏曲目はドボルザーク作曲の「弦楽合奏セレナーデ第5楽章」である。課題となっていた途中の長い休みの後の入りでは結局しくじってしまった。エキストラの先生が入ってくれたので事無きで済んでいるが、うーん、はっきりわかっていたのに入るのを急に躊躇してしまい残念である。しかし気を取り直して、残りのビオラの後に入る大事な2か所はビオラを弾いている先生の合図をしっかり見て入れたので良かった。まあ、色々とあったが結構楽しませていただいたので、これはこれで良しというところではある。

|
|

« 78回目ストリングスアンサンブル(8月31日) | トップページ | 337回目レッスン(9月13日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78274/60313059

この記事へのトラックバック一覧です: 10年目の発表会:

« 78回目ストリングスアンサンブル(8月31日) | トップページ | 337回目レッスン(9月13日) »