« 326回目レッスン(5月17日) | トップページ | 327回目レッスン(5月31日) »

75回目ストリングスアンサンブル(5月18日)

 今回はメンバーが少なくて少し困ってしまったが、見学者は3人ほどいた。我々の練習を見てこのレベルならやれると思ってくれたか、それともこんなレベルじゃやってられないと思ったか・・・。
 さて、先生から今後は出だし2インで入りますとの指示があった。ドボルザーク弦楽セレナーデ最終楽章は本来2拍子なのだが、かなりテンポを落としていたので、これまで指揮は4インで入っていて、それをテンポを上げることで本来の形に戻すということである。テンポが上がって困るのはまずはファーストバイオリンであるが、なんとかついていっているのは凄い。小生のセカンドはというと、基本的には問題ないのだが小生の場合、練習不足の部分はメタメタとなった。途中、29小節もある長い休みの後の出だしが難問で、ここは、到底休みの拍数を数えられるものではないので、ファーストバイオリンのメロディーラインを暗記してしまうしかない。

|
|

« 326回目レッスン(5月17日) | トップページ | 327回目レッスン(5月31日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78274/59741537

この記事へのトラックバック一覧です: 75回目ストリングスアンサンブル(5月18日):

« 326回目レッスン(5月17日) | トップページ | 327回目レッスン(5月31日) »