« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

324回目レッスン(4月26日)

 少し遅れたが最初は個別レッスンによるセブシックなので、4人目ということで間に合った。難なくパスしたが、フィンガーディストリビューションが安定していないとの指摘であった。小生は指板の横方向から押さえる癖がついてしまっているのを指摘されていて、しっかり爪が自分の方向に向くよう矯正しているためである。4ポジのアルペジオで1をキープして4を弾くのと同時に2を移弦しておくのがきついのだが、先生は「別に難しくありませんよ」と言っていたのも原因は同じと思われる。エクササイズを弾いて最後はザイツということで、新グループでのレッスンパターンは固まってきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

74回目ストリングスアンサンブル(4月20日)

 まず発表会の日程についてアナウンスがあり、今年は9月の最初の土日になるとのこと。例年より1か月ほど後ろにずれたので練習は少し余裕ができたのだが、そうはいっても来月までには譜読みを終えてしまう必要がある。まだまだ超スローテンポでの練習なので、これからどこまでテンポを上げられるかというところだが、バイオリンだけではなく、ビオラとチェロの方もいるので結構大変である。小生の場合、GW中に集中して練習しようと計画していて、パソコンへの楽譜入力がなんとか完了したので、とりあえず準備は整った。さあて、パソコン相手にギコギコやりますか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

323回目レッスン(4月19日)

 渋滞のため遅れて教室に入ると、先生がザイツの協奏曲について解説をしていたところで、こちらのグループでもこの曲を練習することとなった。結果としてリベルタンゴは休止することとなってしまったが、うーん、例えば今年の発表会で二パートに分かれて弾くという案はあるかなと思う。じつは自宅練習してきたので、小生としてはちょっと残念ではある・・・。
 さて、セブシックであるが、前回は少し失敗してしまったので再度挑戦してクリアした。他の皆さんは初めての訓練方法となるが、今後進んでいくうちに色々と気づくことになるのであろう。次に教本3巻の4ポジのエクササイズとして、1の指のキープとその活用の意味を理解しながらアルペジオを弾く訓練などをやった。最後は曲練習としてザイツの最初の方の譜読みをして終えたが、皆さんかなり上手いので遅れないようにしなければ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

平成25年度桐朋学園大学音楽学部卒業演奏会

 4月13日に紀尾井ホールで平成25年度桐朋学園大学音楽学部卒業演奏会を聴いてきた。出演者は演奏順に、青木ゆりさん(ピアノ)、横島礼理さん(ヴァイオリン)、齋藤淳子さん(ソプラノ)、正富明日香さん(マリンバ)、村上祥子さん(ヴァイオリン)、長田みなみさん(フルート)、江澤茂敏さん(ピアノ)、横田誠治さん(チェロ)、松島理紗さん(ソプラノ)、宮川奈々(ヴァイオリン)、石井楓子さん(ピアノ)、黒川実咲さん(チェロ)、外園彩香さん(ヴァイオリン)、野上真梨子さん(ピアノ)の14人であった。
 最後の5人については大変充実した演奏でここだけ切り取っても十分なコンサートとして成立するような感じで大変楽しめるものであった。その外では長田さんと横田さんの演奏が印象に残ったが、横田さんの黛は卒演向きでは無いかも知れないが妖艶な文楽の世界を見事に表現していて楽しめた。帰り際にロビーで松島さんを見かけたが、あらゆる意味で競争の激しい歌手の世界でもやっていける逞しさがあるように感じて楽しみである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

322回目レッスン(4月12日)

 今回からレッスンの方も午前中に異動した。気になっていたセブシックも継続してもらえるので良かった。今回は練習方法の解説もあり時間をとったが次回からはスピードアップしないと4人グループなので大変である。一人当たり3分としても12分になる、それだけの効果ももちろんあるが。
 曲練習はリベルタンゴをやっていたのでこれを継続するのだが、小生は今回初見弾きとなるので歯が立たなかった。カッコいい曲なので楽しみである。加えてザイツもやることになるらしいが、こちらは曲練習というより技術の訓練になる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

321回目レッスン(3月29日)

 セブシックでは音程が悪いとのことでチューナーを使って矯正をやった。じつは、チューナーの電池が切れていて最近は使っていなかったのがばれてしまい、少し恥ずかしかったのだがメンバーから借りて対応した。以前から、若干、他のメンバーとずれている気はしていたのだが、やはりそうであったか・・・。例のパタッと弦を押さえるのは意識してやったので褒められてしまった。
 ザイツは2ページ目の難所の手前まで進んだところで終えた。次回からはグループ替えがあるのでとりあえずというところであろう。小生以外の二人のメンバーは個人レッスンに移行し今後は個別に練習することとなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »