« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

72回目ストリングスアンサンブル(2月16日)

 我々午前グループは、ドボルザークの弦楽セレナーデ第5楽章では第一バイオリンとビオラを選択した人数が少ないため、なかなか練習がやりづらいということで、次回からは午後グループとの合同で練習することとなった。例年、7月の発表会の直前の2回は合同なのだが、今年は3月からということになる。
 練習は前回同様に超スローテンポなので、初見弾きも可能と思って小生はあまり練習していなかったのだが、どうやらほかの皆さんも似たような感じらしく、各パートごとの練習を繰り返すこととなってしまった。うーん、これではちょっとまずいか・・・。なはは、結局先生から「4月まではこのまま超スローテンポで譜読みをしますから、みなさんきちんと練習してきてください」とのことで各パートに宿題が出されてしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

316回目レッスン(1月25日)


 さて、いきなり先生から、なんだか言い訳みたいな話が始まって、うーん何のことかと思っていると、どうも別のグループでもザイツの協奏曲を練習したいという話になってしまったようで、この際グループを統合しましょうということらしい。3人ずつの2つのグループを統合して6人グループにすれば、新たにもう1つグループを追加できるので、まあ教室としてもその方が経営的に有難いということである。相手は午前中のレッスン時間で小生達は午後なのでどちらかになるのであるが、相手グループが午前中のままでやりたいということらしく、小生は、まあしゃーないかと思っているのだが、たまたま今回欠席した女性メンバーの意向も確認する必要があるため、次回はとりあえず統合せずに別々としてレッスンすることとなった。さて、どうなることか。しかし、6人でセブシックもやるとなるとかなりレッスン時間をとってしまうこととなるが・・・、うーん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »