« 68回目ストリングスアンサンブル(10月6日) | トップページ | 308回目レッスン(10月26日) »

307回目レッスン(10月19日)

 先生の当面の指導方針は正確に弾くことなのであるが、今回はフィンガーポジションの正確性についてかなり直された。これまであまり指摘されていなかったので、こんなもので良いのかなと思っていたのであるが、発表会の直前に自宅で弾きこんでいると音程の甘さに気づくことはあった。バイオリンの音程の甘さはかなりの上級者でも残っているので小生レベルの練習量では簡単には解消されないと思うが、3ポジの親指の位置も矯正されてしまった、とにかく留意して修正していかなければ・・・。また、左指のバタバタも注意されたが、これも音程の甘さに繋がっている。バタバタやっていれば当然スイートスポットを外す確率も高くなる訳である・・・。

|
|

« 68回目ストリングスアンサンブル(10月6日) | トップページ | 308回目レッスン(10月26日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78274/58477564

この記事へのトラックバック一覧です: 307回目レッスン(10月19日):

« 68回目ストリングスアンサンブル(10月6日) | トップページ | 308回目レッスン(10月26日) »