« 292回目レッスン(5月18日) | トップページ | 周防亮介さんのコンサート »

63回目ストリングスアンサンブル(5月19日)

 今回も合同の練習となり、発表会まではこのままでいくらしい。見学の方も何人かいて20人を超す参加者となると練習場がかなり狭い感じがする。チェロとビオラで半分以上が埋まっている状況であった。昨日の大学オケ出身の若者も来ていて第一バイオリンに入り頼もしい気がした。
 まさか、と思ったが先生はモーツァルトの楽譜を配って「前半部分をアンコールで弾きます」といっていた。ドボルザークが大分まとまってきたから、ということなのだが・・・。まあ、本番まであと3回ほど練習ができるので何とかなるか。実は先生は以前から「次はモーツァルトのディベルティメントをやりたい」と話していたので、やっぱりという感じである。我々のような初級のアンサンブルでは、各パートの縦のラインが揃っている古典派の曲を常に練習しないといけないらしい。うーん、小生はあまり好きではないが・・・。

|
|

« 292回目レッスン(5月18日) | トップページ | 周防亮介さんのコンサート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78274/57456528

この記事へのトラックバック一覧です: 63回目ストリングスアンサンブル(5月19日):

« 292回目レッスン(5月18日) | トップページ | 周防亮介さんのコンサート »