« 276回目レッスン(12月1日) | トップページ | トゥールーズ・キャピトル国立管弦楽団のコンサート »

277回目レッスン(12月8日)

 ビバルディの四つのバイオリンのための協奏曲はグループ三人のうち小生と女性の方は第3パート、残りの男性が第4パートバイオリンを担当して譜読みを進めた。とにかく長い休符の後の出だしが難しいのと、初見なので楽譜がチカチカして涙が出てきたりでかなり苦労した。
 ベートーベンの「君を愛す」は、弓の量の変化やビブラートの位置などを大分指導していただいたので、自宅練習でマスターしていきたいと思う。小生は普段から音程が甘いのでこれを機会にきちんとスイートスポットを意識して練習しようと思っている。実は弓圧も研究中なのだが今回はうまくいっていない、先生も怪訝な顔をしていたようだが・・・。

|
|

« 276回目レッスン(12月1日) | トップページ | トゥールーズ・キャピトル国立管弦楽団のコンサート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78274/56285947

この記事へのトラックバック一覧です: 277回目レッスン(12月8日):

« 276回目レッスン(12月1日) | トップページ | トゥールーズ・キャピトル国立管弦楽団のコンサート »