« 272回目レッスン(10月13日) | トップページ | 57回目ストリングスアンサンブル(10月21日) »

273回目レッスン(10月20日)

 例の夏の発表会事件もあって、来年1月にピアノの先生の生伴奏付きで何組か教室ロビーでのミニコンサートに出演できるという話が先生からあった。もちろん今回は無料(通常の発表会は有料)である。そもそもお金を払ってでもなかなかある機会ではないので、ちょっと気なるところではあるが、先生も小生のグループについては是非出演して欲しいとのこと。うーん。ロマンス2番はもう少し表現力が付かないと様にならないので少し寝かす必要がある。自宅へもどってレパートリー集をめくっているとベートーベン作曲の歌曲「君を愛す」があったので、まあ、これかなあと思っているところである。
 レッスンであるが、スケールで前から気になっていた左手がクイッと這うようにポジション移動をする技術について教えていただいた。多分秘伝ではないかと思うので詳しくは書かないことにするが、なるほどこういうことかと理解した。カイザーは6番でこちらも例のグイッと指を広げてから移弦するところが再度引っ掛かってしまった。

|
|

« 272回目レッスン(10月13日) | トップページ | 57回目ストリングスアンサンブル(10月21日) »

コメント

shinosanさん、初めまして。
わたしも半年ほど前、45歳でバイオリンを始めました。
なかなか進歩せず迷いが出てきたため、いろいろ検索していてこちらのブログに出会いました。
8年続けるとこれだけのレベルに到達される方もいるんだ!と、とても励まされました。
今はまだSuzukiの教本の1冊目ですが、1回1回のレッスンと日々の練習を大切にして、もう迷わずに楽しんで続けていこうと思います。

投稿: Marina | 2012/10/21 20:27

Marina さん

コメントありがとうございます。
このブログが励ましになったとのこと大変光栄です。

毎回のレッスンを楽しむという気持ちは本当に大切だと思います。
日々の練習ももちろん大切ですが練習時間がとれないことに深刻にならないように、まずはとにかく3年間位続けることです。

shinosan

投稿: shinosan | 2012/10/24 22:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78274/55940775

この記事へのトラックバック一覧です: 273回目レッスン(10月20日):

« 272回目レッスン(10月13日) | トップページ | 57回目ストリングスアンサンブル(10月21日) »