« 56回目ストリングスアンサンブル(9月9日) | トップページ | 上野星矢さんのコンサート »

271回目レッスン(9月15日)

 カイザー6番であるが、先生から前回と同様に下りの移弦で小指を起点として一旦、3の指を全音分広げてから隣の弦に移動するように指導された。先生をよく見ていると、つまり指板の上を左手の指が這うように動かすということであろうか、うーん、難しい。
 G線上のアリアについても移弦とポジション移動を滑らかにということが指導の中心となった。小生の場合左指が指板の上を跳ねているという指摘をされていて、早く弾けない原因ということなので何とか修正していかなければならないぞ。

|
|

« 56回目ストリングスアンサンブル(9月9日) | トップページ | 上野星矢さんのコンサート »

コメント

初めまして、46歳(2002年)からヴァイオリンを始めたタワケイと申します。

以前からちょっと気になっていたブログだったので、時々読ませて頂いていました。というのも、始めた年齢もアンサンブル中心に活動されているのも、自分とかなり似ているなぁ~、と思っていたので・・・。

私は、2002年に某大手音楽教室のグループ・レッスンから始め、半年後にはこれでは弾けるようにならないと思い、その年の10月から個人レッスンを並行して受け始めました。

その後2004年に某大手音楽教室の弦楽アンサンブル教室に入り、2005~2007年は個人レッスンを止めて弦アン教室とアマ・オケをやっていました。

2008年から、念願の室内楽を仲間と始めたのですが、ワン・パートを独りで担当するようになってから如何に自分が弾けないかということを実感しました。

それで、2011年から個人レッスンを再開し、カイザーをメインに見て貰い、昨日やっと36番終わりました。Vn歴11年を終える頃にカイザー終了ってカッコ悪いですけど、ちゃんとレッスン受けて良かったと思います。

練習曲を中心にレッスンを受けると基礎が出来るので、以前難しいと思った曲も割と簡単に弾けるようになります。お互いに頑張りましょうね!

投稿: タワケイ | 2012/10/01 01:04

タワケイさん

コメントありがとうございます。
大分上達されているご様子ですね。

私は効率はあまり考えずに気楽に長続きする方法でやっています。

どこかで力を入れないとレベルアップは無理と思っていますが、なかなか。

これからもときどきご訪問ください。

shinosan


投稿: shinosan | 2012/10/07 08:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78274/55750846

この記事へのトラックバック一覧です: 271回目レッスン(9月15日):

« 56回目ストリングスアンサンブル(9月9日) | トップページ | 上野星矢さんのコンサート »