« 55回目ストリングスアンサンブル(7月22日) | トップページ | 266回目レッスン(8月4日) »

8年目の発表会

 7月28日に銀座ヤマハホールで開催された大人の発表会に参加してきた。小生の出演はグループ演奏がベートーベン作曲「ロマンス第2番ヘ長調」、ストリングスアンサンブル演奏がドボルザーク作曲「弦楽セレナーデ第2楽章」の2回である。
 まずは、グループ演奏であるが、えー、これは不可抗力による失敗ということになる。めったに無いと思うのでちょっと紹介すると、先週の音合わせのときにテンポを大幅に増速したのだが、どうやらそれがピアノ伴奏の先生にしっかり伝わっていなかったらしく、超スローテンポのままで伴奏を始めてしまい、しかも伴奏そのものもメタメタ状態だったのである。小生は増速後のテンポで必死に練習してやっとの思いで弾ける状態にしていたので、前奏のないこの曲の最初の長い第1音から狂わされて、まったく対応できない状態になってしまった。途中で止めようかとも思ったのだが、大人気ないので最後まで適当に弾いているふりをして付き合ったということである。まあ、これはお粗末と言わざるを得ない。ただし、小生としても、どういう事故が起きてもステージ上でもう少し堂々と振舞うことが出来なければならないなと考えたことは貴重な経験になったと思う。
 さて、ストリングスアンサンブルであるが、こちらはエキストラの先生の効果が絶大で、第一バイオリンの美しい音が良く聞こえてきて大変心地よく小生の担当する第二バイオリンの低音パートを演奏することが出来た。後の打上げ会では厳しい自己評価をしている方もいたが、アンサンブルを楽しむという目的の達成には十分な演奏になっていたと思う。

|
|

« 55回目ストリングスアンサンブル(7月22日) | トップページ | 266回目レッスン(8月4日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78274/55306026

この記事へのトラックバック一覧です: 8年目の発表会:

« 55回目ストリングスアンサンブル(7月22日) | トップページ | 266回目レッスン(8月4日) »