« 48回目ストリングスアンサンブル(1月29日) | トップページ | 49回目ストリングスアンサンブル(2月5日) »

249回目レッスン(2月4日)

 今回は来月から復帰する先生がいらしていて我々のレッスンの様子を見学していた。そう、昨年4月からの代行の先生のレッスンも今月で終えることとなる。まあ歳をとったと言うこともあるが本当に月日の経つのが早く感じられて恐ろしい気もする。あと三回であるが素晴しい先生なのでしっかりとレッスンを受けなければ・・・。
 さて、レッスンはピッチカートの訓練であるが、これには相当苦労する。何が難しいのか考えてみると、移弦ということになる。アルコでは右腕の上げ下げで移弦するわけであるが、ピッチカートでは手首ということになるので、小生にとってはまったく別の次元の楽器になったような感覚であるのだが・・・。曲練習は「カヴァレリア・ルスティカ-ナ」間奏曲となった。まあ、お別れの時の曲という印象があるので、丁度、今にふさわしいのではないだろうか。

|
|

« 48回目ストリングスアンサンブル(1月29日) | トップページ | 49回目ストリングスアンサンブル(2月5日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78274/54016242

この記事へのトラックバック一覧です: 249回目レッスン(2月4日):

« 48回目ストリングスアンサンブル(1月29日) | トップページ | 49回目ストリングスアンサンブル(2月5日) »