« 田中拓也さんのコンサート | トップページ | 242回目レッスン(11月26日) »

46回目ストリングスアンサンブル(11月20日)

 今回は追加となったヘンデル作曲の「もろびとこぞりて」からはじまった。セカンドバイオリンが結構難しいので、結局小生は、自宅で楽譜入力ソフトに全部打ち込んで繰り返し再生してまずは曲を覚えてしまい、それから譜面を見ながら練習していく手法をとった。これは結構うまくいって、他の皆さんもしっかり練習してきていたので最初からまずまずの出来となった。指揮の先生もかなり安心した顔で「かなり弾いてきているようですね」と言っていた。細かい指示があって一通り出来たところでひとまず終えた。
さて、次はモーツァルト作曲の「アレルヤ」であるが、今日はソプラノを担当してくれる教室の受付の方に入っていただいた。うちの教室は、受付の方でも音大の声楽科出身だったりするので凄い。まあ半分はプロみたいなものなので当然ではあるが素晴しい歌声で小生は少しびびってしまった。うーん、これはいい加減な演奏は出来ないぞ。少しテンポを上げて「これ以上のテンポは無理です」と指揮者が弁解するレベルまで来てしまった。2回ほど合わせて終えたが、これはもう本番は乞うご期待というところである。

|
|

« 田中拓也さんのコンサート | トップページ | 242回目レッスン(11月26日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78274/53339680

この記事へのトラックバック一覧です: 46回目ストリングスアンサンブル(11月20日):

« 田中拓也さんのコンサート | トップページ | 242回目レッスン(11月26日) »