« 237回目レッスン(10月8日) | トップページ | 45回目ストリングスアンサンブル(10月16日) »

238回目レッスン(10月15日)

 今回はスピッカートの訓練に入った。弓の重心付近で弦を跨ぐように弓を動かすとぴょんぴょんと跳ねるようになるのだが、本来は指弓を使ってやるのであろう。小生はまだ手首をつかわざるを得ないのだが、このままではまずいと思われる。カイザー7番の編曲版は前回指示された後半部分を1人ずつ弾くテストがあり、小生は少し間違えたが音程は取れていてOKである。次回は前半部分と全体を通して弾いて終わりとうことであろう。
 曲練習はレパートリー集にあるバッハの二つのバイオリンのための協奏曲をやることとなった。本来はもう少し早く取り組んでも良かったのであろうか、今年の前半にはチャールダーシュをやって大分時間をとってしまったこともあり後回しとなっていたが、やはり弾けるようになっておきたい定番曲なので楽しみである。

|
|

« 237回目レッスン(10月8日) | トップページ | 45回目ストリングスアンサンブル(10月16日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78274/53008878

この記事へのトラックバック一覧です: 238回目レッスン(10月15日):

« 237回目レッスン(10月8日) | トップページ | 45回目ストリングスアンサンブル(10月16日) »