« 236回目レッスン(9月17日) | トップページ | 沓野勢津子さんのリサイタル »

44回目ストリングスアンサンブル(9月18日)

 発表会後の最初のレッスンである。早速、次の演奏予定が先生から発表されて、12月25日に教室のロビーで開催されるプレイテラスコンサートへの出演となる。曲目はモーツァルト作曲のアレルヤで、なんと音大声楽科出身の教室のスタッフの方がソプラノで競演してくれるとのこと。うーん、なかなか本格的で楽しみである。
 パート分けであるが、小生は、今回も第二バイオリンとなった。第一バイオリンの人数が少ないとのことで何人かは人気のある第二から回ることとなり、結局精鋭5名による編成で、後から入る方は全員第一になることとなった。
 とりあえず弾いてみる。うん。さすがにモーツァルトの曲は分かり易く、遅めのテンポではあったが最後までたどりついて形になった。先生も、「あっ、いいですねー」という印象で、これなら、前曲の弦セレほどの苦労はないものと理解したようである。弓順の確認、重音のディビジ指定、トリルは上の音から入る、トレモロの強弱などなど、ひと通り最後まで譜読みをやった後にもう一度通して弾いてみる。テンポも少しアップしていたが、何とか弾けて、なんだか大分仕上がってしまったので、先生は「もう1曲追加しましょうか」といっていた。さて、どうなることか。

|
|

« 236回目レッスン(9月17日) | トップページ | 沓野勢津子さんのリサイタル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78274/52809893

この記事へのトラックバック一覧です: 44回目ストリングスアンサンブル(9月18日):

« 236回目レッスン(9月17日) | トップページ | 沓野勢津子さんのリサイタル »