« 231回目レッスン(7月30日) | トップページ | 7年目の発表会 »

43回目ストリングスアンサンブル(7月31日)

 発表会前の最後の練習であるが、まずは、例のビブラートをかけてスケールを均等な弓のスピードで弾く訓練をする。これはかなり効果があり、実際、我々アンサンブルの音が澄んできているように思う。
 さて、とにかく通して弾いてみる・・・、前回からは進歩した状況で、先生の顔色にもとりあえずひと安心という感じがでていた。とはいえ、まだ直すところは山ほどあって矢継ぎ早に指示が出た。実は小生も、一部、弓が間に合わずに弓順が逆になってしまうところが残っていて、さすがに今回は指摘されてしまった。本当はもう一箇所あるのだがそちらはバレていないと思われるが・・・。当日までにはきちんと練習しておこう、なはは。
 最後にもう一度通して弾いてみる。うっ、小生は出だしで少し音程を外してあわてて指を動かしてしまい音を乱してしまった。先生と目が合ったがニヤリとしていた。無理に動かさなければ問題ないのだが、小生の悪い癖で、以前から注意されていることなので、当日は絶対に注意しなければならない。それから、ステージ上で音が上に抜けて周りの音が聴こえづらくなることにも注意しないといけないな・・・。練習後、皆さんは別の教室を借りて更に練習していたようだが、小生は用事があって失礼した。
 この日は、この後会場を移動して、ピアノ伴奏の先生とチャールダッシュの音合わせがあった。こちらは1回目がメタメタ状態でヒヤリとした。まったく元気の無い演奏で音程も外していた。アンサンブルの感覚で他のメンバーの音を聞きながら弾いたのが良くなかったと思われる。やはりこの曲はとにかく各自がピアノ伴奏を頼りにガンガン弾いてしまったほうが良いようである。

|
|

« 231回目レッスン(7月30日) | トップページ | 7年目の発表会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78274/52391749

この記事へのトラックバック一覧です: 43回目ストリングスアンサンブル(7月31日):

« 231回目レッスン(7月30日) | トップページ | 7年目の発表会 »