« 228回目レッスン(7月9日) | トップページ | 230回目レッスン(7月23日) »

229回目レッスン(7月16日)

 いきなり先生から「発表会まであと3回ですね」との言葉から始まった。スケールとエクササイズを済ませてチャールダーシュとなる。まずは通して弾いてみるが、先生のピアノ伴奏が前回から比べていきなりレベルアップしていて驚いた、やはりそろそろブラッシュアップモードに入るのかと思い俄然やる気が出た。テンポとしては最初の頃より少し遅くなったような気がするが小生的には弾きやすくなったように思う。基本的にソロで弾く曲なので合奏には不向きでバラバラになるところもあるが、いくつかのポイントで揃っていれば全体として問題ないとのことであった。また「この曲はゆっくりなテンポの部分と速いテンポの部分が対比されるので高速ピチカートには少なくともこの程度のスピード感が必要です」とのことであった。我々はまだ腕全体を動かして高速ピチカートを弾いているのだが、本来は指弓で弾かなければ速くは出来ないようで、「今回は間に合わないのでテンポ制限をして、発表会後に別に指弓訓練をやります」とのことであった・・・。

|
|

« 228回目レッスン(7月9日) | トップページ | 230回目レッスン(7月23日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78274/52225387

この記事へのトラックバック一覧です: 229回目レッスン(7月16日):

« 228回目レッスン(7月9日) | トップページ | 230回目レッスン(7月23日) »