« 42回目ストリングスアンサンブル(7月3日) | トップページ | 229回目レッスン(7月16日) »

228回目レッスン(7月9日)

 6月の最後のレッスンは体調が悪くて休んでしまった。事情がわからずとりあえずカイザーを練習しておいたのだが発表会の前はやらないとのこと、また、発表会の曲チャールダーシュも音程を確実にとるためということで一部譜面が変更になっていた。
 さて、このチャールダーシュであるが、聴かせる部分と高速のピチカートの部分があるわけであるが、聞かせる部分はなんとなくコツが掴めてきて特訓すれば8月6日の発表会までにはなんとかなりそうな気がしてきたのであるが、問題は高速ピチカートにあると思われる。レッスン中に他の方も先生に話していたのだが、ある程度のスピード以上になるとうまく弓が跳ねてくれるが中途半端なスピードだと結構苦しい状態となる。これは何が悪いのであろうか、弓が制御できない状態ということは理にかなった弾き方をしていないといことであろうが、一方、もちろん弓がうまく跳ねたからといって左指が追いついているわけでもない。どうも強引な特訓だけでは解決できそうも無いのだが・・・。

|
|

« 42回目ストリングスアンサンブル(7月3日) | トップページ | 229回目レッスン(7月16日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78274/52190994

この記事へのトラックバック一覧です: 228回目レッスン(7月9日):

« 42回目ストリングスアンサンブル(7月3日) | トップページ | 229回目レッスン(7月16日) »