« 41回目ストリングスアンサンブル(6月5日) | トップページ | 東京交響楽団のコンサート »

226回目レッスン(6月11日)

 今回は唯一の若手が欠席したのでおじさんおばさん達だけのレッスンとなってしまった。ただし先生は若いが・・・、都合で教室まで電車を使ったので少し遅刻して教室に入ったのだが、特に何も言われなかったので良かった。すぐに調弦をしていただいたところ、ペグが硬くなっていてなかなか回らない状態で苦労させてしまった。節電ということもありこのところ自宅のエアコンを切っているのが原因でペグボックスの穴が湿気で膨張しているのであろう。来週は楽器の調整会があるので少し多めにコンポジションを塗ってもらおうと思う。ところで、レッスン中にペグの頭に付いている黒い粒上の飾り?が取れてしまった方がいて、他のペグも取れてしまっているようであった。そもそもあれはどういう意味で付いているものなのであろうか、何かの名残なのだとは思うのだが・・・。
 レッスンは7ポジの訓練曲エクササイズ3、カイザーは7番の5段目までを終えて次回は6段目から9段目を分担で練習してくることとなった。曲練習であるが、チャールダーシュの前半と後半の難所をみっちりとやって、発表会まであと2か月となり「次回は通して弾きます」とのことであった。うーむ、それはまだ・・・。

|
|

« 41回目ストリングスアンサンブル(6月5日) | トップページ | 東京交響楽団のコンサート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78274/51922936

この記事へのトラックバック一覧です: 226回目レッスン(6月11日):

« 41回目ストリングスアンサンブル(6月5日) | トップページ | 東京交響楽団のコンサート »