« 223回目レッスン(5月14日) | トップページ | 224回目レッスン(5月21日) »

40回目ストリングスアンサンブル(5月15日)

 始める前に先生は出席をとるのであるが、夏の節電対策のために土日が出勤日になってしまいしばらく休みとなるメンバーも何人かいるようで、こんなところにも原発事故の影響があるのかと少しびっくりした。
 「まずは、今までの指示がどのくらい身についているか、一回通して弾いてみましょう」ということであるが、うーん、毎度のことながら、なんとか最後までたどり着けたのが奇跡というレベルの演奏で、先生もかなり動揺しているようであった。各パートの役割が均等でそれぞれに重要な曲なので、確かに指揮者としてまとめるのは苦労しそうな曲ではある。小生の担当する第二バイオリンは曲の出だしから主旋律を弾くので大変重要なのだが、バックで単調だが楚々とした曲の美しさを醸し出すビオラも重要で手を抜けないという感じで、ビシッと指導が入っていた。またピアニシモにかなり気を使っていて「ここは毛三本で弾いてください」という指示もメモしてしまった。
 最後に、「今回は音程については特に言いませんでしたが、外していると思っている人はしっかり練習しておいてください」とのお言葉があった。

|
|

« 223回目レッスン(5月14日) | トップページ | 224回目レッスン(5月21日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78274/51740728

この記事へのトラックバック一覧です: 40回目ストリングスアンサンブル(5月15日):

« 223回目レッスン(5月14日) | トップページ | 224回目レッスン(5月21日) »