« 219回目レッスン&壮行会(3月26日) | トップページ | 39回目ストリングスアンサンブル(4月10日) »

220回目レッスン(4月9日)

 今回から新しい先生によるレッスンが始まった。基本的にはこれまでのレッスンの流れを踏襲してくれているが、いずれは独自色が出てくるもの思われる。せっかく先生が代わったのであるし、当然これまで気づかなかった観点からの指摘もどんどん出てくるのであろうから、それはそれで楽しみである。
今回は、スケールを弾く時に、上りはクレッシェンドを意識し下りは反対にとの指導があり、8音スラーなどでは結構きついものがあった・・・。また、最初の音を全員で出して確認してから弾くのも新しい習慣となりそうである。心配していたボウイングについては特に指摘は無かったが、6ポジでは弓の角度が安定していないので隣の弦がこすれて音が出ていますとの指摘があった。実は小生は1ポジでもまだやってしまうので、今のうちにさっさと直してしまわなければならない。カイザーは練習しておいたので結構うまく弾けていて、次回は担当部分のみではなくて各自が全部を弾くこととなった。
さて、発表会の申し込み用紙が配られて、今年は8月6日となる。とりあえずチャールダーシュということになってはいるのだが、他に弾きたい曲があれば来週までに申し出て下さいとのことなのでさてどうなるか・・・。

|
|

« 219回目レッスン&壮行会(3月26日) | トップページ | 39回目ストリングスアンサンブル(4月10日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78274/51343279

この記事へのトラックバック一覧です: 220回目レッスン(4月9日):

« 219回目レッスン&壮行会(3月26日) | トップページ | 39回目ストリングスアンサンブル(4月10日) »