« 37回目ストリングスアンサンブル(2月13日) | トップページ | 217回目レッスン(2月26日) »

216回目レッスン(2月19日)

 今回は、ボーナス的な特別レッスンとして、モーツァルトの交響曲第41番「ジュピター」の第1楽章を本来のレッスン前の先生の空き時間で指導していただいた。小生は第1バイオリンを選んだが、ゆっくり譜読みをする分には、まあなんとかなりそうな気がした。猛烈に速い曲なので小生は参加しないが本番は相当きついと思われる。そういえば、1人見学者も居たのだがあの人はいったい何だったのであろうか。
 いったん終了して、1時間後に本レッスンとなる。カイザー3番が結構大変なので驚いているのだが、先半弓でかつ途中に四分の1弓2回が入るというもの。アップもダウンも同じ幅で均等に弾けなければならない。「アップが遅れています」とのことであるが、先生の模範演奏を見ていると体全体でタイミングを取っているようであった。
 曲練習は、再度「ジュピター」の残っていたところを指導していただいた。

|
|

« 37回目ストリングスアンサンブル(2月13日) | トップページ | 217回目レッスン(2月26日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78274/50982194

この記事へのトラックバック一覧です: 216回目レッスン(2月19日):

« 37回目ストリングスアンサンブル(2月13日) | トップページ | 217回目レッスン(2月26日) »