« 211回目レッスン(12月18日) | トップページ | 第九特別演奏会 »

35回目ストリングスアンサンブル&ミニコンサート(12月26日)

 今回は練習の後に教室内のロビーで開催されるプレイテラスコンサートにそのまま参加することとなっている。曲目はバッハ作曲のブランデンブルク協奏曲第3番第3楽章とチャイコフスキー作曲の「くるみ割り人形からマーチ」の2曲である。若干遅刻気味で教室に入り譜面台が足りなくて先生にとっていただいたりで結構バタバタやってしまった。小生の場合こういうことは左指の動きにもろに影響するので最初のうちは演奏会当日だというのにかなりメタメタであった。弓順も結構バラバラでヤバイと一瞬思ったのだがこれは自信があったので間違っていたのは周りの方だと思うのだが・・・。何度か練習するうちに元に戻ってきて、まあこれならというところまで回復した。一箇所だけ早くでてしまってヒヤッとしたが本番は注意しよう・・・。
 とりあえず練習を終えたが出番までは3時間ほどあるので、管楽器や他のバイオリンの参加者の皆さんの演奏を聴いて待つことになる。プロの演奏は素晴しいが、同じレベルの素人の演奏もお世辞にも素晴しいとは言えないもののとても良い勉強になるので別の意味で十分楽しめる。全く音の出せないフルートの年配の方がいたが、多分、今回の失敗をばねに次回は立派なフルートの音をきかせてくれるのであろう。途中、講師の模範演奏があって我が先生もフルート四重奏のビオラとして演奏していただいた。「私を泣かせてください」「王様と私から」の2曲でしばし本物の演奏に耳を傾けた。
 さて、今回のコンサートのトリである我々ストリングスアンサンブルの出番が近づいてきたので、教室へ戻り楽器のチューニングをして少し弾いてみたが、わっヤバイ、またまた指が動かない状態が発生している。正確に言うと指に強い疲労感があって曲のテンポに追いつけない状態である。他の皆さんの演奏を聴いていて逆に緊張してしまったのであろうか。そのままの状態で舞台に上がるとこれがかなり狭くて腕が十分伸ばせない。どうせ中弓だけで弾けるはずなので、まあよいかと思っていたが、曲が始まると弓先が壁に当たってしまい、このため右肘が怖くて伸ばせずに弦がこすれてところどころでキイッという音を立ててしまった。冷や汗が出てきて、おっと、例の場所でまたもや早く出てしまった。うーん、これは目立つ失敗で他の皆さんには申し訳ないことをしてしまった。
 と言うわけで、今回の演奏会は小生としては大失敗の巻であったが、以後は肝に銘じて注意しますのでお許しいただきたい。演奏会後は、総勢35人の大打ち上げ会兼忘年会で大いに盛り上がった。

|
|

« 211回目レッスン(12月18日) | トップページ | 第九特別演奏会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78274/50422033

この記事へのトラックバック一覧です: 35回目ストリングスアンサンブル&ミニコンサート(12月26日):

« 211回目レッスン(12月18日) | トップページ | 第九特別演奏会 »