« 35回目ストリングスアンサンブル&ミニコンサート(12月26日) | トップページ | 212回目レッスン(1月15日) »

第九特別演奏会

 12月28日、池袋の東京芸術劇場で飯森泰次郎指揮東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団によるベートーベン作曲交響曲第9番ニ短調「合唱付き」の演奏会を聴いてきた。
ソプラノ佐々木典子さん、アルト小山由美さん、テノール福井敬さん、バリトン小森輝彦さん、合唱東京シティ・フィル・コーア、合唱指揮藤丸崇浩さんであった。
 今回の演奏は東京シティフィルの創立35周年記念として開催されているI.マルケヴィチ校訂版によるベートーベンの交響曲全曲シリーズとして演奏されたものであった。マルケヴィチ氏は、指揮者としての活動の傍らでベートーベンの楽譜をある意味科学的に分析した解説書をまとめたとのことである。特段何か違うという演奏ではないと思うのだが、マルケヴィチ氏のやり方が小生好みのスタイルということもあり、なんだか暗示にかかってしまったようで、演奏を聴いていて最初から最後まですっきりとした印象で曲の構成を明瞭に理解しつつ聴いている自分が楽しかった。

|
|

« 35回目ストリングスアンサンブル&ミニコンサート(12月26日) | トップページ | 212回目レッスン(1月15日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78274/50430456

この記事へのトラックバック一覧です: 第九特別演奏会:

« 35回目ストリングスアンサンブル&ミニコンサート(12月26日) | トップページ | 212回目レッスン(1月15日) »