« 第79回日本音楽コンクール声楽部門(歌曲)第2予選 | トップページ | 203回目レッスン(10月2日) »

深澤麻里さんのコンサート

 9月29日、紀尾井ホールで深澤麻里さんのヴィオラリサイタルを聴いてきた。アルト競演は坂上賀奈子さん、ピアノ伴奏は鈴木慎崇さんであった。演奏曲目は、バッハ作曲無伴奏チェロ組曲第2番ニ短調、シューマン作曲アダージョとアレグロ変イ長調、ヒンデミット作曲無伴奏ヴィオラ・ソナタ第4楽章パッサカリア、ブラームス作曲アルトのための2つの歌、武満徹作「曲鳥が道に降りてきた」、ブラームス作曲ヴィオラ・ソナタ第1番ヘ短調であった。
 なんだか久しぶりに弦の演奏を聴いたということもあり、気持ちがほっとする様な演奏であった。ヴィオラは人に近い音域の楽器ということであるが奏者人口は少ない。基本的には学生オケなどで最初から担当する方以外は、ヴァイオリンからの転向組ということであろう。深澤さんは、この秋からジュリアード音楽院へ留学予定でまだまだ勉強とのことであった。また、競演の坂上賀奈子さんと鈴木慎崇さんも素晴しいアシストであったと思う。

|
|

« 第79回日本音楽コンクール声楽部門(歌曲)第2予選 | トップページ | 203回目レッスン(10月2日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78274/49618838

この記事へのトラックバック一覧です: 深澤麻里さんのコンサート:

» ルプーのブラームス:ピアノ小品集 [クラシック音楽ぶった斬り]
ブラームスのこれら晩年の小品集を、これほど親しみやすく、これほど快く聴かせる演奏が、これまでにあったであろうか。 [続きを読む]

受信: 2010/10/02 16:10

« 第79回日本音楽コンクール声楽部門(歌曲)第2予選 | トップページ | 203回目レッスン(10月2日) »