« 178回目レッスン(1月23日) | トップページ | 冨永愛子さんのリサイタル »

24回目ストリングスアンサンブル(1月31日)

 今回から新曲の楽譜が配られて、7月の発表会に向けて練習していくことになった。曲はバッハのブランデンブルク協奏曲第3番である。テンポは通常の半分位にするとのことであるがそれでも結構早そうである。バイオリンパートとしては、まずは第1バイオリンの楽譜が配られて、とりあえず弾けるレベルになった人から順に第2、第3の楽譜を渡すとのことで、全員がきちんと弾けるようになるための先生の工夫思われる。また、難度も第1~3まで殆ど同じとのことであった。今回は最後に初見弾きを少しやったところで終わった。練習としては、アンコール曲として手持ちにする予定であるクライスラーの「美しきロスマリン」である。この曲はこてこてのクラシックの後の一服の清涼剤として最適だと思うが、そのためは「しっかりした第2バイオリン、ビオラ、チェロのバックの上で第1バイオリンが自在に遊ぶ感じが必要です」とのことであった・・・。

|
|

« 178回目レッスン(1月23日) | トップページ | 冨永愛子さんのリサイタル »

コメント

> バッハのブランデンブルク協奏曲第3番
これはなかなか楽しみな選曲ですね。
先生に「さあ次はこの曲にしましょう」と言われて、みなさんそこそこ弾けるようになると、楽しみも増しますね。
私もそのレベルまで行きたいものです。

投稿: おとがく | 2010/02/07 21:30

おとがくさんどうもです。
そう、アンサンブルのレベルが上がると参加することが本当に楽しくなります。
私は、まだまだバタバタやってますが・・・。

投稿: shinosan | 2010/02/08 23:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78274/47499782

この記事へのトラックバック一覧です: 24回目ストリングスアンサンブル(1月31日):

« 178回目レッスン(1月23日) | トップページ | 冨永愛子さんのリサイタル »