« ウィーン・フィルハーモニー・ウィーク・イン・ジャパン ウィーン・フィル首席奏者によるマスタークラス―ヴァイオリン― | トップページ | 20回目ストリングスアンサンブル(9月27日) »

167回目レッスン(9月26日)

 今回は明日のミニ発表会にそなえてハンガリアン舞曲第5番主体のレッスンとなった。とはいってもフィンガーエクササイズは必ずやることになっているのか、まずは指の体操という感じでこなす。次にさらっとアルペジオのはずであったが・・・、もたついてしまい、結局スケールも一通りやってしまった。なはは。
 さて、まずは曲の後半の繰り返し部分から弾きはじめて直してもらう。ほとんど出来ていますが・・・、と先生は結構意外なところを指摘した。言われてみると、なるほどと思うのだが、有名な耳慣れた曲だけに、各自が自分自身の解釈でやっているため、結局全体としてバラバラに弾いている様に感じたのであろうか。やはり先生がいるのはありがたい。単純な技術的部分については本番までに特訓あるのみということであるが・・・。

|
|

« ウィーン・フィルハーモニー・ウィーク・イン・ジャパン ウィーン・フィル首席奏者によるマスタークラス―ヴァイオリン― | トップページ | 20回目ストリングスアンサンブル(9月27日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78274/46348560

この記事へのトラックバック一覧です: 167回目レッスン(9月26日):

« ウィーン・フィルハーモニー・ウィーク・イン・ジャパン ウィーン・フィル首席奏者によるマスタークラス―ヴァイオリン― | トップページ | 20回目ストリングスアンサンブル(9月27日) »