« 165回目レッスン(9月5日) | トップページ | ウィーン・フィルハーモニー・ウィーク・イン・ジャパン ウィーン・フィル首席奏者によるマスタークラス―ヴァイオリン― »

166回目レッスン(9月12日)

 先ずはフィンガーエクササイズからで、前回に加えて残りの指の型もすべて訓練した。続いてCメジャーとAマイナーのスケール。この教本では調号の同じメジャーとマイナーのスケールをセットで練習するようになっている。更に今回初めて出てきたハーモニーという訓練がある。3パートに分かれて和音を弾くなんてこともない訓練なのだが、音程が正確にとれていないと和音がきれいに揃ってハーモニーにならないので少し焦ってしまった。
 最後はレパートリー集からハンガリアン舞曲第5番であるが、この曲はなんと月末に開催されるミニ発表会で弾くことになってしまった。ヒェー、真面目に練習せねば・・・。

|
|

« 165回目レッスン(9月5日) | トップページ | ウィーン・フィルハーモニー・ウィーク・イン・ジャパン ウィーン・フィル首席奏者によるマスタークラス―ヴァイオリン― »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78274/46238509

この記事へのトラックバック一覧です: 166回目レッスン(9月12日):

« 165回目レッスン(9月5日) | トップページ | ウィーン・フィルハーモニー・ウィーク・イン・ジャパン ウィーン・フィル首席奏者によるマスタークラス―ヴァイオリン― »