« 158回目レッスン(6月20日) | トップページ | 159回目レッスン(7月4日) »

郷古廉さんのコンサート

 7月3日に紀尾井ホールで郷古廉さんのヴァイオリンリサタルを聴いてきた。ピアノ伴奏は上田晴子さんである。演奏曲目はシューベルト作曲ヴァイオリンとピアノのためのソナチネ第3番ト短調、ファリャ作曲(コハンスキ編曲)のスペイン民謡組曲、ラヴェル作曲のツィガーヌ、イザイ作曲の無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第4番ホ短調、ブラームス作曲のヴァイオリン・ソナタ第3番ニ短調であった。
 郷古さんは15歳の少年であるが、超大物という感じの堂々としたリサイタルで、正に何でもこなせますという選曲を見事に弾ききった恐れ入るコンサートであった。ステージ上のマナーも既に大人の雰囲気を持っていて、安心して聴いていられるのも良い。特にイザイはふと神の降臨を感じさせるほどであった。また、上田さんの至極の伴奏も十分楽しませていただいた。

|
|

« 158回目レッスン(6月20日) | トップページ | 159回目レッスン(7月4日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78274/45544568

この記事へのトラックバック一覧です: 郷古廉さんのコンサート:

« 158回目レッスン(6月20日) | トップページ | 159回目レッスン(7月4日) »