« 郷古廉さんのコンサート | トップページ | 160回目レッスン(7月11日) »

159回目レッスン(7月4日)

 スケールでまずひっかかった。6ポジの3、4の指は爪半分が隠れるような感じで重ねて一緒に押さえるようにとのこと。これも早く弾くための技術ということであろう。次にエクササイズの4。これはいわゆる左手ピッチカートというやつで、音符の上に+マークが付いている。うーん、教本3の最後のエクササイズはこんな演奏技法の訓練だったとは・・・。最後のエチュードはアイネ・クライネ・ナハトムジークであるがストリングスアンサンブルで既にやってしまったため先生はあまり乗り気ではなさそうであった。
 曲は発表会のシューベルトのセレナーデである。そろそろ音程をしっかりとっておく必要がありますとのことで、スラーをはずして1音ずつ正確に確認しておいて下さいといっていた。

|
|

« 郷古廉さんのコンサート | トップページ | 160回目レッスン(7月11日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78274/45569504

この記事へのトラックバック一覧です: 159回目レッスン(7月4日):

« 郷古廉さんのコンサート | トップページ | 160回目レッスン(7月11日) »