« 157回目レッスン(6月13日) | トップページ | 郷古廉さんのコンサート »

158回目レッスン(6月20日)

 スケールの後エクササイズの3。早く弾く訓練であるが、先生から「指が順番に置かれていません」との指摘。つまり例えば3の指の音を弾く時は1も2もきちんと指板に置いておかないと早くは次の音に移れないということである。ゆっくり弾いている時は出来ている場合もあるのだが早くなるとパニックで指が浮き上がってしまうようでこれは特訓せねばならない・・・。
 曲練習は発表会の曲シューベルトのセレナーデ。「この曲のピアノ前奏に続くバイオリン譜の出だしは曲想が少し違うので難しいですね」との指摘で、そういえば2年前の発表会でシューベルトのアヴェマリアを選曲したときにも似たようなことを言われたなあ・・・と、ふと思い出した。小生は淡々とした伴奏に切々とした気持ちを歌うバイオリンパートを乗せていくこのパターンは結構好きなのであるが・・・。

|
|

« 157回目レッスン(6月13日) | トップページ | 郷古廉さんのコンサート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78274/45409954

この記事へのトラックバック一覧です: 158回目レッスン(6月20日):

« 157回目レッスン(6月13日) | トップページ | 郷古廉さんのコンサート »