« 15回目ストリングスアンサンブル(2月8日) | トップページ | 149回目レッスン(2月28日) »

148回目レッスン(2月21日)

 まずはスケール。2週間空いたので自分でも意識して丁寧にやる。弓も十分使って気持ちよく弾いた。指摘事項は下りのポジション移動。上がりに比べるとやはり格段にぎこちなさが目立つ様である。7ポジから4ポジだが、まあ慣れるしかない。
 エクササイズは1~3。オクターブの指型をスライド移動させて弾く練習。先生は「譜面を見て弾き方に気付く様になってください」といっていた。こういう曲は独学の人との差が出るとのことであった。
 曲の練習。先生は「レッスン7でやったアヴェ・マリアやラ・カンパネラなどはショートピースとしていつでも弾ける曲にしておくと良いですね」といっていたが、そう、これは大切である。バイオリンをやっているといっても、弾いて見てくださいと楽器を渡されてすぐに弾ける曲が何曲かなければやっぱりかっこ悪い。「亡き王女のためのパヴァーヌ」もやはりその様な曲の一つであると思う。前回に引き続いてやったが「もう一度来週やりましょう」ということになった・・・。

|
|

« 15回目ストリングスアンサンブル(2月8日) | トップページ | 149回目レッスン(2月28日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78274/44146500

この記事へのトラックバック一覧です: 148回目レッスン(2月21日):

« 15回目ストリングスアンサンブル(2月8日) | トップページ | 149回目レッスン(2月28日) »