« 144回目レッスン(1月10日) | トップページ | ヒラリー・ハーンさんのコンサート »

14回目ストリングスアンサンブル(1月11日)

 予定通りアイネ・クライネ・ナハトムジークの第4楽章に取り組む。とはいえ、まともにやってはとても我々では太刀打ちできる曲ではないので、かなりテンポを落として「今回と次回で一通りやりましょう」とのことであった。
 まずは、よく出でくる基本動作の練習。とくにスタッカートが多いので8分音符はとばす感じ、4分音符は鋭く切る感じである。また、本来のテンポはアレグロで猛烈に速いので、弓は手元部分だけで弾いて下さいとのことであった。
 さて曲に入る。弾き易くするためにスラーとアップのパターンが指定される。スラー・アップ・アップという感じである。出だし部分はさすがに練習しておいたので何とかなったが、すぐに怪しくなってきた。小生は途中お手上げになることもしばしばであったが、そこは今回許してもらおう。この曲は基本的に同じパターンの繰り返しなのでとりあえず1パターンができると、次はするすると弾けると思う・・・、うーん。最後に先生は、例によって、「はい、第一バイオリンは、最後にかなりきつい8音のスラーがあるのでしっかり練習してきてください」といっていた。ヒェー。
 レッスン後、先生から「今、教室の方と相談して、私のレッスンを受けていない方やレベルが合っていない方のために補講のようなものを開講しようかと考えています」とのアナウンスがあった。先日の忘年会で話していて他のレッスン生からの要望が多かったようである。レッスン料はわからないが、さすがに教本3を終えようとしている小生が出るわけにもいかない。とはいえ、なんとなく気になってしまうところが情けなくもあるが・・・。

|
|

« 144回目レッスン(1月10日) | トップページ | ヒラリー・ハーンさんのコンサート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78274/43707807

この記事へのトラックバック一覧です: 14回目ストリングスアンサンブル(1月11日):

« 144回目レッスン(1月10日) | トップページ | ヒラリー・ハーンさんのコンサート »