« 14回目ストリングスアンサンブル(1月11日) | トップページ | 145回目レッスン(1月24日) »

ヒラリー・ハーンさんのコンサート

 1月14日、トッパンホールでヒラリー・ハーンさんのヴァイオリンリサイタルを聴いてきた。ピアノ伴奏はヴァレンティーナ・リシッツァさんである。演奏曲目は、イザイ作曲の無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第4番ホ短調、アイヴズ作曲のヴァイオリン・ソナタ第4番<キャンプの集いの子供の日>、ブラームス作曲(ヨアヒム編)のハンガリー舞曲集より第10番/第11番/第12番/第19番/第5番/第20番/第21番、アイヴズ作曲のヴァイオリン・ソナタ第2番、イザイ作曲の無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第6番ホ長調、子どもの夢、アイヴズ作曲のヴァイオリン・ソナタ第1番、バルトーク(セーケイ編)作曲、ルーマニア民族舞曲であった。
 全体として、しっかりと音を出す安定した演奏と感じた。彼女の演奏を聴くのは久し振りであるが以前感じていた原因不明の不安定感が全く無くなり、彼女自身が猛烈なスピードで成熟しているのではないかと感じた。特にアイヴズのソナタで多用される中低音がとても豊で心地よく是非CD化して欲しいと思って聴いていた。既に大人の容貌となった彼女は今後女王と呼ばれるような演奏家になっていくのではなかろうか。
 本日のコンサートは、小生がヴァイオリン演奏を聴く上での標準と考えている音響空間で、真に上質な演奏を大人の聴衆の方々と聴くことが出来て、正に上質な時間を過ごしたという充実感に満たされるものであった。また客席には見覚えのある多くのヴァイオリニストや音楽関係者がいらしていた。

|
|

« 14回目ストリングスアンサンブル(1月11日) | トップページ | 145回目レッスン(1月24日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78274/43743702

この記事へのトラックバック一覧です: ヒラリー・ハーンさんのコンサート:

« 14回目ストリングスアンサンブル(1月11日) | トップページ | 145回目レッスン(1月24日) »