« 141回目レッスン(12月6日) | トップページ | アテム・ハリムさんのクリスマス・ディナー・コンサート »

2008NHK音楽祭(第4夜)

 12月8日、渋谷のNHKホールで2008NHK音楽祭の最終夜を聴いてきた。出演は、ウラディーミル・アシュケナージ指揮フィルハーモニア管弦楽団、ヴァイオリン独奏は諏訪内晶子さんである。演奏曲目はシベリウス作曲の交響詩「フィンランディア」、ヴァイオリン協奏曲ニ短調、交響曲第2番ニ長調であった。
 まずはフィンランディア。小生もバイオリンレッスンで少しやったことがあるのでこれまでより親しみを感じて聴いていた。上手くまとまっていたがちょっとピンとこないところもあった。
 2曲目は諏訪内さんのヴァイオリンコンチェルト。今回のNHK音楽祭は4人のトップヴァイオリニストの競演で、最後に諏訪内さん登場というところである。前3人の強い個性的表現の演奏に対して、彼女はむしろ強い表現を排するというところに個性があると思っているのでちょっと楽しみであった。結果、うーん、今日の諏訪内さん、少しびっくりするほど最初から熱っぽい演奏だと感じた。その分第2楽章のクールダウンがとても心地よかったが・・・、いつもとは違うかも。力も少し入っていたような気がした。アンコールは最近定番のバッハであった。
 休憩後は交響曲。イギリスの名門オケであるフィルハーモニア管弦楽団だが、びっくりするほど素晴らしいストリングスにあーいいなーと思って聴いていると時々あれっという感じで、おっちょこちょいの指揮者と上手くいっていないのかなと思ったのは小生だけであろうか・・・。それからコンマスのパフォーマンスは紳士の国のオケとしては少し派手すぎないだろうか・・・。もちろん最後のほうは全体で盛り上がって満足させていただいた。

|
|

« 141回目レッスン(12月6日) | トップページ | アテム・ハリムさんのクリスマス・ディナー・コンサート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78274/43362809

この記事へのトラックバック一覧です: 2008NHK音楽祭(第4夜):

« 141回目レッスン(12月6日) | トップページ | アテム・ハリムさんのクリスマス・ディナー・コンサート »