« 143回目レッスン(12月20日) | トップページ | 第九特別演奏会 »

13回目ストリングスアンサンブル&ミニ発表会(12月21日)

 さて、今日はレッスン後にそのまま教室内で開催されているプレイテラスコンサートにおいてアイネ・クライネ・ナハトムジークの第2及び第3楽章を演奏することとなる。直前の仕上げということでまずは練習が少なかった第3楽章から入る。ところが小生はまずは絶句。弓の入り方が逆だった。アーフタクトからなのでアップだったのだが、自宅ではダウンでやっていた。弓が随分難しいなと感じていたのだが、やっぱり間違いだったのだ。ヒェー。慌ててアップでやり直してかなり弾き易くなったのだが、うーん、さすがにモーツァルトは偉い、などとのんびり構えている場合ではなく、小生のようなおじさんはすぐには体が覚えてくれないので、結局本番でも弓順がバラバラになってしまった。
 第2楽章。自宅ではとりあえず1回はとおして弾けたというレベルである。ターンのトリルも結局昨日の段階であきらめていた。まずは全体でとおすが、途中の各パートが交互に弾いていくところはやっぱり各出だしが合っていない。ここは出来ていないとかっこ悪いので何とかしなければならなかったが、本番では先生の指揮を見ていたのですんなりいってしまった。ただし全体にかなりのアップテンポになってしまったが・・・。
 小生は、この後、グループレッスンとしてもビバルディの四季・冬の第2楽章を弾いた。アンサンブルは着席状態なのでまあ所詮何があっても安心しているが、こちらは6人で立って弾くことになる。7月の発表会ではまだまだ緊張で震えがあったのだが、今回はなんとかそれは無くなってきて気持ち的には落ち着いて弾けたと思う。ところが、緊張感が無くなると小生は逆に雰囲気で弾いてしまう癖がある。楽譜を思わず無視して弓順が逆になってしまった。今回、結局こちらもバタバタやってしまったのであった。なはは。
 終了後は近くのイタリアンレストランで忘年会である。今回は、チェロの先生と個人レッスンの方々も合流しての大宴会となった。

|
|

« 143回目レッスン(12月20日) | トップページ | 第九特別演奏会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78274/43502541

この記事へのトラックバック一覧です: 13回目ストリングスアンサンブル&ミニ発表会(12月21日):

« 143回目レッスン(12月20日) | トップページ | 第九特別演奏会 »